プレスリリースRSS

2017年11月9日
関西電力株式会社
一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会

関西電力株式会社とドローン撮影クリエイターズ協会のドローン活用促進にかかる業務提携について

 関西電力株式会社(以下、関西電力)とドローンを活用した各種サービスを展開する一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(以下、DPCA)は、本日、ドローンの活用促進に向けた業務提携について、合意しました。

 今回の業務提携は、電力に関連する内容だけでなく、社会におけるドローンの活用を促進する取組みとして、ドローン操縦者の育成やドローンを活用したサービスの開発等を目的としています。

 具体的には、DPCAのドローン操縦講習を関西電力の研修施設である関西電力能力開発センターにおいて実施します。この取組みは、社会のドローン操縦者育成ニーズに応えるとともに、関西電力の業務高度化、事業開発をリードできるドローン操縦者の育成を図るものです。なお、鉄塔や電柱などの電力設備を併設した場所でのドローン操縦講習会の実施は全国初の取組みで、実際に近い環境での講習を実現するものです。

 ドローンは今後、重要な社会インフラに位置付けられると考えており、関西電力においても、鉄塔等の設備点検への試験導入を進めているところです。
 今後は、関西電力のイノベーションの取組みとして、ドローン自律飛行の検証や充電インフラの検証など、ドローンの社会インフラ化に向けた様々な課題の解決をDPCAと協力して進めてまいります。

 関西電力は、平成28年4月に策定した「関西電力グループ 中期経営計画(2016‐2018)」の実現に向け、本検討も含めたこれまでにない様々な取組みを展開し、新規事業・新サービスの開発および既存事業の改革に積極果敢に挑戦してまいります。

以 上