プレスリリースRSS

2017年8月22日
関西電力株式会社

米国ペンシルベニア州ガス火力発電事業への参画について

 当社はこのたび、米国ペンシルベニア州の天然ガス火力発電所「ヒッコリーラン発電所」の建設および運営を行うことを目的として、伊藤忠商事株式会社の米国子会社「ティア・エナジー社※1」が保有する本発電所の権益30%を、当社子会社の「ケーピック・ユーエスエー社※2」を通じて取得することとしました。

 本発電所は、ペンシルベニア州ローレンス郡に位置する合計出力100万kWのガスタービンコンバインドサイクル方式の発電所で、平成32年4月に営業運転を開始し、北米最大の電力市場であるPJM(Pennsylvania-New jersey-Maryland)を通じた電力供給を予定しています。

 本発電事業は、北米における当社の3件目の参画案件であり、北米で当社が開発段階から参画する初めての新設案件となります。また、ティア・エナジー社とは、先般参画したニューヨーク州におけるガス火力発電事業(エンパイア発電所、合計出力63.5万kW)に続く、北米における2件目の協同事業であり、これにより海外事業における当社持分容量は、合計257.5万kW※3となります。

 北米においては、電力需要の増加や脱炭素化の流れから環境負荷の小さい天然ガス火力電源の競争力向上が見込まれています。当社は北米を海外発電事業の重要市場と位置づけており、今後も積極的な事業拡大を進めてまいります。

 また、北米以外の地域についても、中期経営計画で掲げているように、これまでに培った技術力やノウハウを活用しつつ、海外事業を当社グループの収益の重要な柱とするために、積極的に海外発電事業に取り組み、国内トップクラスの海外IPP事業者を目指してまいります。

  • ※1:伊藤忠商事100%出資の米国発電子会社
  • ※2:当社100%出資の米国発電子会社
  • ※3:商業運転前の参画案件を含んだ値

以 上