プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2017年7月14日
関西電力株式会社

家庭用蓄電池を活用した周波数制御技術に関する取組みの開始について

 当社はこの度、社会全体の効率的なエネルギー基盤の構築を目指し、「平成29年度バーチャルパワープラント構築実証事業」※1の枠組みにおいて、家庭用蓄電池を活用した電力系統の安定化に活用する取組みを開始します。

 本取組みは、当社がこれまで系統全体の周波数を一定に保つための調整力※2として用いていた火力発電や水力発電に加え、家庭用蓄電池を束ねて新たに調整力として活用するためのもので、国内では初めての取組みとなります。

 当社の周波数制御のノウハウやこれまでの蓄電池研究から得た知見を活用し、時々刻々と秒単位に変化する電力需要に合わせ、多数の家庭用蓄電池を高速制御することで、調整力の多様化を実現します。

 本取組みを通じて、同時マルチユース※3を実現し、蓄電池の利用価値を向上させます。また、多数の蓄電池から継続的に調整力を創出し、その調整力を一般送配電事業者へ提供することで、電力系統の安定化に寄与するとともに、お客さまが経済的メリットを得られる機会にもつながるものと考えています。

 当社は引き続き、家庭用蓄電池など、今後普及が見込まれる分散型エネルギーを効率的に活用する社会の実現に貢献してまいります。

  • ※1 経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」に申請し、7月14日、補助事業者として採択された。
  • ※2 一般送配電事業者が供給区域における周波数制御、需給バランス調整その他の系統安定化業務に必要となる電源等の能力。
  • ※3 1台の蓄電池で、利便性(太陽光発電との併用等エネルギーマネジメント、災害時などの万が一の停電時の非常用電源としての利用)と、周波数制御調整力の提供を同時に実現すること。

以 上