プレスリリースRSS

2017年5月31日
関西電力株式会社

熊本県玉名郡(たまなぐん)南関町(なんかんまち)における竹を活用したバイオマス熱電併給事業への参画について

 当社はこの度、熊本県玉名郡南関町で「バンブーエナジー株式会社」(以下、「BE社」)が行う、国内初の地域の未利用資源である竹を活用したバイオマス熱電併給事業へ出資参画することとしました。

 本事業は、BE社がバンブーフロンティア株式会社(以下、「BF社」)とバンブーマテリアル株式会社(以下、「BM社」)と三位一体で行う「バンブーフロンティア事業」(以下、「BF事業」)の一部です。BF事業は、地域の未利用資源である竹を原材料からエネルギーまで余すことなくカスケード利用※1を行うことで、竹材の搬出による荒廃竹林の整備から竹の工業製品産出までの新規サプライチェーン※2を構築し、雇用創出等の地方創生が期待できる事業です。

 BF社が、建築資材の製造に適さない竹や残竹をチップ材へ加工し、BE社はそのチップ材を燃料として利用することにより、BF社とBM社へ熱と電力の供給を行います。本熱電併給設備は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証事業として、熱電併給設備を平成30年6月頃に着工し、平成31年1月より稼動予定です。

 当社は、本事業への出資参画を行うことで、竹を燃料としたバイオマス熱電併給事業の知見獲得を目指すと共に、2030年までに50万kW程度の再生可能エネルギー電源を開発することを目標とし、今後も引続き、自治体をはじめとする地域の皆さまと一体となって、その普及・拡大に貢献してまいります。

  • ※1:資源やエネルギーを利用すると品質が下がるが、その下がった品質レベルに応じて何度も利用すること。
  • ※2:原材料調達・生産管理・物流・販売までを一つの連続したシステムと捉えること。

以 上