プレスリリースRSS

2017年4月6日
関西電力株式会社

太陽光などで発電し、当社以外の小売電気事業者に売電されたお客さま情報を保存したDVDの紛失について

 当社は、本店(大阪市北区)にある送電サービスセンター※1の執務室内において、低圧のお客さまが太陽光などで発電し、当社以外の小売電気事業者に売電された発電電力量などのお客さま情報を保存したDVDを紛失し、昨日、経済産業省に報告するとともに、本日、近畿経済産業局に報告いたしました。本日より、本件に関するお客さまからのお問い合わせに回答させていただく、お問い合わせ窓口を設置いたしました。

 当該DVDには、セキュリティ処理が施されており、外部のパソコン等では容易にデータ閲覧ができないこと、また、紛失した執務室には限られた関係者のみが入退室できる仕組みとなっていることから、社外へ当該データが流出する可能性は極めて低いと考えています。

 今回の紛失により、お客さまに、ご迷惑とご心配をおかけすることになり、深くお詫び申し上げます。当社としては、今回の事象を真摯に受け止め、お客さま情報を厳正に管理するよう改めて全従業員に周知するとともに、保管管理の徹底を図るなど、情報管理に対する取組みを再徹底し、今後、同じことが起こらないよう取り組んでまいります。

<経 緯>
平成29年
 3月17日(金) 当社社員は、通常利用しているサーバ容量に空きを作るため、発電電力量などのデータの保存先サーバを変更する作業の一環として、一時的にDVDへのデータ移行を開始。
 3月29日(水) 当該社員は、翌日から休暇を取得することになっていたため、次回の出社(4/3)までの間に、他の社員がDVDを利用する可能性があると考え、DVDを自身の机の上に置き、退社。
 4月 3日(月) 当該社員は、DVDへ移行する作業を継続しようとしたところ、DVDを発見できず、紛失していることが発覚。以降、DVDを捜索中。
<紛失した主な情報>
対  象:平成28年4月から平成29年1月の間に、太陽光などで発電し、当社の電力系統を利用して、当社以外の小売電気事業者に売電された実績のある低圧のお客さま
紛失した主な情報:お客さまの氏名(法人名を含む)、住所、受電地点特定番号※2、お客さま番号※3、発電電力量、発電設備の種別、契約開始日、契約終了日、検針日程
(計 約1万2千軒)
  • ※1:電気事業に新規参入する小売電気事業者等が当社の送配電設備を利用する際の契約、料金計算、請求などの業務を実施
  • ※2:お客さまの発電設備が設置してある契約地点を特定するために用いる22桁の番号
  • ※3:当社がお客さまを特定するために用いる14桁の番号

以 上

<本件に関するお客さまのお問い合わせ先>
0800-123-0171(受付時間:平日9時~17時)※4/6は20時まで受付