プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2017年4月5日
関西電力株式会社

相生発電所2号機におけるバイオマス燃料への変更計画に関わる新会社「相生バイオエナジー株式会社」の設立について

 当社は、相生発電所2号機の燃料について、現行の重油・原油から、木質バイオマスへの変更の検討を行うため、三菱商事パワー株式会社(三菱商事株式会社100%子会社。以下、三菱商事パワー)と共同で、新会社「相生バイオエナジー株式会社」を設立し、本日、登記申請しました。

 当社はこれまでから、安全確保を大前提に、S+3Eの観点で、再生可能エネルギー電源の開発を積極的に推進しており、その普及・拡大に貢献すべく、再生可能エネルギー比率を向上させる観点から、相生発電所2号機の燃料について変更の検討を行うこととしました。
 また、木質バイオマス燃料の安定調達を行うため、三菱商事パワーと共同で新会社を設立し、検討を進めていくこととしました。

 今後も引き続き、当面の目標としている、2030年に50万kW程度の再生可能エネルギー電源の開発を目指し、取り組んでまいります。

<参考:相生発電所の概要>
[所在地]:相生市相生柳山5315番地46(H29.4.5現在)
  相生1号機 相生2号機 相生3号機
運転開始 昭和57年9月 昭和57年11月 昭和58年1月
定格出力 37.5万kW 37.5万kW⇒約20万kW 37.5万kW
燃  料 天然ガス、重油、原油 重油、原油⇒木質バイオマス 天然ガス、重油、原油
<参考:新会社「相生バイオエナジー株式会社」の概要>
社  名: 相生バイオエナジー株式会社
設 立 日: 平成29年4月5日
資 本 金: 4.5億円
 関西電力
 三菱商事パワー
 
:60%(2.7億円)
:40%(1.8億円)
業務概要: 発電設備の設計・建設・運転・維持・管理、電力の供給販売
上記に付帯関連する事業
役  員: 代表取締役
取締役
取締役
髙西 一光(関西電力株式会社 火力事業本部副事業本部長)
石川 剛 (三菱商事パワー株式会社 代表取締役社長)
森  望 (関西電力株式会社 再生可能エネルギー事業戦略室長)

以 上