プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2016年4月11日
東京ガス株式会社
関西電力株式会社

東京ガスと関西電力によるLNG調達および発電所運営にかかる戦略的連携について

東京ガス株式会社(以下、東京ガス)と関西電力株式会社(以下、関西電力)は、LNG調達等で培ってきた両社の信頼関係のもと、燃料調達、発電所運営・保守、電源開発および海外事業への共同参画等の様々な分野で、両社の強みを活かした戦略的連携に向けて、検討を進めています。
その中で、両社は、本日、これら一連の取り組みの一つとして、「LNG調達における弾力性向上に資する連携」、「LNG火力発電所(以下、LNG火力)の運転・保守にかかる技術連携」を進めていくことについて、合意しました。

具体的な内容は、次のとおりです。

1.LNG調達における弾力性向上に資する連携
両社はこれまで、豪州プルートLNG※1をはじめとした同一プロジェクトからの調達において、協力をしてきました。平成29年からの米国コーブポイントLNG※2の新規調達を控え、このたび、相互にLNGを交換・融通する枠組みに合意しました。
国内外のエネルギー市場を取り巻く情勢・動向を見据え、需給や市況の変化に柔軟に対応しながら、今後も競争力のあるLNGの安定調達を行ってまいります。
2.LNG火力の運転・保守にかかる技術連携
両社が、これまで独自に行ってきたLNG火力の運転・保守にかかる人材育成のノウハウを共有するとともに、様々な運営課題の解決に向けた技術連携を行うこととし、それぞれの安全性、効率性を高めてまいります。

両社は、今回の燃料調達やLNG火力運営における連携にとどまらず、今後も幅広い分野での協議を進め、エネルギーの低廉かつ安定的な供給の実現を目指してまいります。

  • ※1 平成24年より生産開始。供給期間は15年。契約数量は東京ガス150万トン/年、関西電力175万トン/年。
  • ※2 平成29年より生産開始予定。供給期間は20年。契約数量は東京ガス140万トン/年、関西電力80万トン/年。シェールガス由来のLNG。

以 上

関連するサイト・コンテンツ