プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2015年11月30日
関西電力株式会社

出し平発電所の営業運転開始について

 当社は、富山県黒部市宇奈月町に所有する出し平(だしだいら)ダムにおいて、出し平発電所の建設工事を進めてきましたが、本日、152箇所目の水力発電所として営業運転を開始しました。

 出し平発電所は、これまでは発電に用いずに放流していた河川の維持流量※1を有効利用する発電所で、当社では維持流量を活用した発電所では平成23年6月に営業運転を開始した大桑野尻発電所以降、2箇所目となります。

 最大出力は520kWで、年間の発電電力量は、一般家庭の480世帯に相当する約171万kWhを見込んでおり、CO排出量を年間約900t※2削減することが可能となります。

 当社は、今後も引き続き、維持流量の有効利用や都市部の用水路を用いた小規模水力開発の検討など、純国産エネルギーである水力について、最大限に活用し、再生可能エネルギーの普及・拡大に貢献してまいります。

※1:
ダム直下の河川の正常な機能を維持するためおよび河川環境を維持するために法令で定められた放流量。
※2:
平成26年度のCO排出係数(0.523kg-CO2/kWh)にて算定。

以 上

<参考:出し平発電所の概要>
所在地 富山県黒部市宇奈月町
水系・河川名 黒部川水系 黒部川
発電方式 ダム式(維持流量発電)
最大出力 520kW(1基)
発電電力量 約171万kWh/年
(一般家庭約480世帯の年間電気使用量に相当)
最大使用水量 1.76m3/s
有効落差 37.29m
CO削減量 約900t/年

<添付資料>