プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2015年11月2日
関西電力株式会社

水力調査所の設置について~更なる水力事業の拡大に向けて~

 当社は、純国産資源である水力エネルギーを有効活用しつつ、水力事業の持続的な成長を実現するため、平成27年6月に「水力事業本部」を新設しましたが、本日、同事業部内に水力開発地点の発掘・調査を行う「水力調査所」を新たに設置しました。

 これまでの水力開発地点の発掘・調査については、エリアを限定せずに行っていましたが、新たに設置した「水力調査所」については、近畿エリア・北陸エリア・東海エリアにそれぞれ設置します。これにより、それぞれの調査所が当該エリアの開発地点を詳細かつ迅速に発掘・調査することが可能となります。

 具体的には、各調査所が、当該エリアの自治体や他事業者などをはじめとする地元の皆さまからの有望地点に関する情報収集を積極的に行い、その後、有望地点があれば、開発の計画・設計等の技術検討を行うことで、新規開発の早期実現を目指していくものです。

 今後の新規開発においては、農業用水や上下水道などの既設インフラを活用した開発も視野に入れており、これらが実現することで、エネルギーを通じた地域活性化につながるものと考えております。

 当社は、今後も引き続き、水力発電をはじめとする再生可能エネルギーの開発推進に積極的に取り組み、その普及・拡大に貢献していくとともに、エネルギーを通じた地域への貢献を果たしてまいります。

以 上

<添付資料>