プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2013年11月26日
MID都市開発株式会社
関西電力株式会社
株式会社日建設計総合研究所
株式会社竹中工務店
株式会社アイケイエス
大阪ビジネスパーク開発協議会

大阪ビジネスパークにおける電気自動車等のバッテリーを活用した電力供給システムに関する技術実証事業の実施について

 本日、上記6者は、大阪ビジネスパーク(以下、OBP)内において、企業が所有する電気自動車(以下、EV)、プラグインハイブリッド車(以下、PHV)のバッテリーを活用した電力供給システムの技術実証事業(「OBP『V2X』プロジェクト」)を進めていくための協定書を締結しました。

 この事業は、関西電力株式会社のグループ会社であるMID都市開発株式会社が代表幹事を務め、事業化を最終目的として6者が共同して行うもので、経済産業省の「平成25年度 次世代エネルギー技術実証事業」に採択されています。

 具体的な内容は、国内初となる5台のEV・PHVが同時に充放電できる機器を開発し、放電の買取り単価を電力需要のピーク時に通常より割高に設定することにより、ピーク時にはバッテリーから放電してビル内に電力を供給する一方、需要の少ない時間帯の充電単価を割安にして、オフピーク時の充電を促すことで、ピークカットにつなげる新たなエネルギーマネジメントシステムを開発します。
 さらに、災害に伴う停電発生時には、電力供給源を送配電線からEV・PHVのバッテリーに切り替えて、ビル内の防災拠点やエレベーターへの電力を供給できるようにし、技術実証においてその有効性を検証します。

 6者は、平成25年度中に充放電器およびエネルギーマネジメントシステムを開発し、平成26年度からOBP内に立地する松下IMPビル(予定)で5台のEVを用いた技術実証を開始する予定です。
 この技術実証の中で、EVを使用したピークカットの効果や、災害時の電力供給の有効性を確認したうえで、将来の実用化に向けての検討を進めてまいります。

  • ※OBP『V2Xブイツーエックス』プロジェクト
    Vehicle(ヴィークル:自動車)to Xの略称であり、‘X’は、オフィスビル、マンションなど使用用途の広がりを意味する。

以 上