プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2011年9月7日
堺市
関西電力株式会社

堺太陽光発電所(全区画)の営業運転開始について

 堺市と関西電力株式会社(以下、関西電力)との共同事業である堺太陽光発電所は、平成22年10月に一部運転を開始しましたが、本日、電気事業法に基づく使用前自主検査※1を終え、全区画が営業運転を開始しました。これにより堺太陽光発電所は国内最大の太陽光発電所となります。

 本発電所は、平成21年12月に建設を開始し、平成23年10月に全区画の営業運転開始を目指しておりましたが、約1ヶ月間工程を短縮して運転を開始することができました。

 堺市は、本事業を、低炭素都市「クールシティ・堺※2」の実現に向けた重要施策と位置づけ、事業を推進してまいりました。今後は、これを契機に、一層の太陽光発電の普及を図ってまいります。

 関西電力は、本発電所の建設や運用を通じて得られた知見を、今後、広く情報公開し、わが国の電力系統の供給信頼度のさらなる向上を目指すとともに、引き続き、太陽光発電の普及拡大に貢献してまいります。

  • ※1 使用前自主検査: 電気事業法に基づき、事業用電気工作物(太陽電池等)が工事計画の内容どおりであること、および技術基準に適合していることを事業者自らが確認する検査。
    ※2 クールシティ・堺: “快適な暮らし”と“まちの賑わい”が持続する低炭素都市
<堺太陽光発電所の概要>
実施体制 関西電力および堺市が共同実施
〔関西電力:建設・運営、堺市:普及啓発事業等〕
所在地 堺市西区築港新町4丁5、6
〔堺第7−3区産業廃棄物埋立処分場内(大阪府所有)〕
敷地面積 約21ha
出力 10,000kW
発電電力量 約1,100万kWh/年(一般家庭 約3,000軒分相当)
CO2削減量 約4,000トン/年
<主要経緯>
平成21年12月   工事着工
平成22年10月   第1区画 営業運転開始(2,850kW)
平成23年 3月   第2区画 営業運転開始(3,450kW)
平成23年 9月   第3区画 営業運転開始(3,700kW)