プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2005年10月19日
関西電力株式会社

美浜発電所1号機1次冷却材ポンプシール水漏えいの原因と対策について

 美浜発電所1号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力34万キロワット、定格熱出力103万1千キロワット)は、第21回定期検査の調整運転中(電気出力約100%)の平成17年9月17日に発生したB-湿分分離加熱器加熱蒸気ドレン管温度計管台溶接部からの漏えいに伴い、同日より電気出力約50%として点検を行っていました。
 その対策等(A,B湿分分離加熱器加熱蒸気ドレン管温度計管台溶接部の補修)の実施、および9月29日に発生した、B加圧器安全弁出口温度上昇に伴う点検のため、同日、17時15分から出力降下を開始していたところ、出力降下中の19時08分、「A-RCPスタンドパイプ※1水位注意(水位低)」警報が発信しました。このためスタンドパイプへの水補給を実施していましたが、19時43分には再度、同警報が発信したため、格納容器テレビモニタにより確認したところ、A-1次冷却材ポンプのスプラッシュガード※2から水(シール水)が漏れていることを確認しました。
 このため、19時57分(電気出力約20%)、原子炉を手動停止しました。
 本事象による環境への放射能の影響はありません。
〔平成17年9月29日お知らせ済み〕

※1:スタンドパイプ
  1次冷却材ポンプの軸シール部(*)と配管で接続されており、軸シール部内の水量を監視するために取り付けられた筒状の容器で、水位低の警報が発信する度毎に、軸シール部の潤滑のため水を補給している。
(*軸シール部)
ポンプ本体の摺動部と軸とのわずかな隙間に、高圧の水(封水)を注入することにより、1次冷却水が系外に流出することを防止する機能を持つ。また、第1〜3の3段階の軸シールで構成される。
※2:スプラッシュガード
  1次冷却材ポンプのシール部からの漏えい水の飛散防止用に取り付けられている覆い板。


1. 調査結果
   A-1次冷却材ポンプの軸シール部を取り外し、各構成部品の目視点検や寸法測定等を行いました。
 (1)漏えい状況等の調査結果
A-1次冷却材ポンプが設置されているループ室の状況を確認した結果、スプラッシュガードからの漏えい水は、同ポンプのモータスタンド下部のスペース(主フランジの上)に溜まっており、約22リットルが回収されました。なお、床面には漏えいの形跡は認められませんでした。
漏えい水を分析した結果、1次冷却材に含まれるベリリウム7、よう素131、133等が検出されなかったことから、No.3シール部へ供給されたシール水(1次系純水)が漏えいしたものと推定されました。

 (2) No.3シール部の分解点検結果
No.3シール部は、シールリングが自重とばね(4箇所)の力等により、シールランナ(回転軸側)と接触する(押さえ付ける)ことで、シール(封水)しています。
シールリング、シールランナの接触面に摩耗は認められず、異物の混入も認められませんでした。また、DDCS※3についても、接触面に摩耗は認められず、Oリングに、き裂や変形は認められませんでした。
シールリングスプリングのばね力を測定した結果、納入時(新品)に比べて、約2割程度低下していることが判明しました。
※3 DDCS: シールリングと、シールリングホルダとの間を流れるシール水の漏えいを防止するために取り付けられたOリングを用いたシール材。

 (3)No.3シールリングスプリングの保守点検実績
シールリングスプリングは、昭和59年に取替えて以降、これまでに取替えた実績はなく、長期間にわたり使用していたことがわかりました。
定期検査毎にばねの自由長や、負荷時の長さ等を測定し、前回の定期検査時との比較を行っていましたが、経年的なばね力の変化を確認するような管理は行っていませんでした。

2.推定原因
   シールリングスプリングのばね力が長期間の使用により徐々に低下し、シールリングを押さえ付ける力(シーティング力)が低下しました。この影響で、格納容器内の温度変化等による軸方向のシールランナの動きに対するシールリングの追従性が悪くなり、シールリングとシールランナの隙間が生じてシール水が漏えいし、No.3シール水回収ラインの回収量を上回ったシール水が、スプラッシュガードから漏えいしたものと推定されました。

3.対策
当該1次冷却材ポンプのNo.3シール部のシールリングスプリングを新品のものに取替えます。また、B-1次冷却材ポンプのNo.3シール部のシールリングスプリングも新品のものに取替えます。
今後、No.3シール部のシールリングスプリングについては、定期検査毎に経年的なばね力低下に対する評価を行い、計画的に取替えることとします。

以 上
  (経済産業省によるINESの暫定評価)
基準1 基準2 基準3 評価レベル
- - 0- 0-
  INES:国際原子力事象評価尺度