プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2005年9月29日
関西電力株式会社

美浜発電所1号機 A-1次冷却材ポンプシール水漏えいに伴う原子炉手動停止について

 美浜発電所1号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力34万キロワット、定格熱出力103万1千キロワット)は、第21回定期検査の調整運転中(電気出力約100%)の平成17年9月17日に発生したB-湿分分離加熱器加熱蒸気ドレン管温度計管台溶接部からの漏えいに伴い、同日より電気出力約50%として点検を行っていましたが、当該部およびA系統の同一部位の補修および本日(9月29日)発生した、B加圧器安全弁出口温度上昇に伴う点検実施のため、本日夕刻から出力降下を開始して、原子炉を停止することとしました。

 〔平成17年9月29日お知らせ済み〕

 その後、17時15分から出力降下を開始し、出力降下中の19時08分、「A-RCPスタンドパイプ※1水位注意(水位低)」警報が発信しました。このためスタンドパイプへの水補給を実施していましたが、19時43分には再度、同警報が発信したため、格納容器テレビモニタにより確認したところ、A-1次冷却材ポンプのスプラッシュガード※2から水(シール水)が漏れていることを確認しました。
このため、19時57分(電気出力約20%)、原子炉を手動停止しました。  今後、漏えいの原因について調査を行います。
 なお、本事象による環境への放射能の影響はありません。

    ※1: スタンドパイプ
      1次冷却材ポンプの軸シール部(*)と配管で接続されており、軸シール部内の水量を監視するために取り付けられた筒状の容器で、水位低の警報が発報する度毎に、軸シール部の潤滑のため水を補給している。
 <*軸シール部> ポンプ本体の摺動部と軸とのわずかな隙間に、高圧水(封水)を注入することにより、1次冷却水が系外に流出することを防止する機能を持つ。また、第1〜3の3段階の軸シールで構成される。
    ※2: スプラッシュガード
      1次冷却材ポンプのシール部からの漏えい水の飛散防止用に取り付けられている覆い板

以  上