プレスリリース

2004年8月9日

美浜発電所3号機の原子炉自動停止について(20時00分現在)

 被災者11名のうち、8名については、救急車にて敦賀市民病院に搬送しました。(4名は死亡、1名は県立福井病院へへリコプターにて転送(同病院で治療中)、1名は国立福井大学医学部付属病院へ救急車にて転送、2名は同病院にて治療中)、他の3名については国立福井病院に搬送しました。(内1名については、ヘリコプターにて国立福井大学医学部付属病院へ転送しました。)
※ 【訂正】18時50分お知らせ時には「県立福井病院」と記載していましたが、訂正します。

 その後の確認結果、被災者は合計11名であることを確認しました。なお、事象発生当時、タービン建屋内では、美浜3号機定期検査の準備作業(床の養生、作業エリア区画、工具類の搬入等)等を行っており、合計211名がタービン建屋内に入っていました。

 美浜3号機について、タービン建屋の現地確認を実施したところ、タービン建屋2階の天井付近にある復水配管(第4低圧給水加熱器~脱気器間の復水配管)に破口を確認しました。

 なお、当該部は前後にある弁により、隔離状態としており、漏れは停止しています。また、プラントは安全に停止しています。

以 上

〔以下、お知らせ済みの内容〕
 美浜発電所3号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力82万6千キロワット、定格熱出力244万キロワット)は、定格熱出力一定運転中、本日15時28分、「3A-SG給水<蒸気流量不一致トリップ」の警報が発信し、A-蒸気発生器水位低の一致により原子炉が自動停止し、引き続きタービンが自動停止しました。  
 発生直後、タービン建屋内に蒸気が充満し、負傷者が十数名発生したため、救急車で病院へ搬送しています。
 
 原子炉自動停止後、タービン動補助給水ポンプおよび、電動補助給水ポンプが自動起動し、蒸気発生器に給水を継続しており、プラント状態に異常はありません。 原因については、現在調査中です。
 
 なお、本事象による周辺環境への放射能の影響はありません。

[8月9日 16時50分ごろ  お知らせ済]

   負傷者11名のうち、8名については、救急車にて敦賀市民病院に搬送しました。(4名は死亡、1名は県立福井病院へへリコプターにて転送、1名は国立福井大学医学部付属病院へ救急車にて転送、2名は同病院にて治療中)、他の3名については国立福井病院に搬送しました。(内1名については、ヘリコプターにて県立福井病院へ転送しました。)  
  なお、プラントは安全に停止しています。

[8月9日 18時30分ごろ お知らせ済]