電力小売託送サービスretail consignment

ご契約の流れ、
各種申込みの
ご利用方法等

受電側接続検討

当社は、発電契約者または発電設備連系希望者からの申込内容に基づき、発電量調整供給の実施に必要となる設備の工事内容、工事工期、工事費負担金等について検討いたします。(連系電圧が特別高圧または高圧の発電設備の場合のみ)
なお、既に連系済み発電設備で売電先のみ変更する場合の接続検討は必須ではございません。

1.検討内容

当社は、受電側接続検討のお申込みを受けてから、系統連系の可否、系統連系工事の概要(アクセス工事、計量器工事、通信工事等)、所要工期、工事費負担金等について検討いたします。なお、特別高圧系統に連系する電源に対しては、電源制限装置を適用するものとして、検討結果を回答致します。

2.検討料

当社は、原則として1受電地点(逆潮流がある場合のみ)1検討につき20万円に消費税等相当額を加えた金額を検討料として申し受けます。
なお、検討を要しない場合については、検討料を申し受けません。

3.検討期間

当社は、原則としてお申込みを受けてから高圧の送配電系統への連系で容量が500kW未満で逆変換装置を使用する発電設備は申込受付後2ヶ月以内に、その他の場合は3ヶ月以内にすみやかに検討結果をお知らせいたします。ただし、3ヶ月を超える場合は、その理由、進捗状況および今後の見込みをお知らせいたします。

4.申込方法

当社所定の申込書に必要事項をご記入いただき、検討に必要となる資料を添付のうえ、ネットワークサービスセンターにお申込みください。

電力小売託送サービスTOP