電力小売託送サービス等のご案内

●流通設備建設計画について
○流通設備建設計画の概要 [PDF 172.09KB]
●系統連系制約について
 □系統連系制約(154kV以上)[2017年2月28日更新]
 □系統連系制約(154kV未満)[2017年2月28日更新]
 □「マッピング」および「空き容量一覧」に関する留意事項
  • (1) 空容量は目安であり、系統接続の前には、接続検討のお申込みによる詳細検討が必要となります。その結果、空容量が変更となる場合があります。
  • (2) 熱容量を考慮した空き容量を記載しております。その他の要因(電圧や系統安定度など)で連系制約が発生する場合があります。
  • (3) 赤表示は、既に空容量がないため、発電設備等の連系にあたり、既設送変電設備の増強が必要な箇所です。
  • (4) 橙表示は、空容量が少ない、もしくは接続検討が多く、発電設備等の連系にあたり、今後、既設送変電設備の増強が必要になる可能性が比較的高い箇所です。
  • (5) 赤表示および橙表示以外において、連系制約が発生しないことを保障するものではありません。また、需要動向等によって、連系制約箇所およびエリアは変化することがあります。
  • (6) 発電設備等が連系する変圧器によっては、別途バンク逆潮流対策が必要になる可能性があります。
  • (7) 3年以内に増強した系統へ連系する場合は、空容量の範囲内であっても、増強工事費の一部を負担いただくことがあります。
  • (8) 現在、系統の状況に変化がある都度情報の更新を行う方策を検討中のため、それまでの間は、月1回の更新とさせていただきます。
  • (9) 社会的に影響を与えることが懸念される重要施設への供給系統に関する情報や、電力供給契約が特定できるような第三者情報などについては、公開しておりません。
●和歌山県ほかにおける発電設備連系制約の解除について [平成28年6月6日更新]
 和歌山県ほかにおけるエリアにおいて新たに発電設備を連系していただける連系可能容量が無い状況となったため、平成26年9月9日以降、10kW以上の発電設備については、系統連系申込み(接続検討申込み含む)の受付けをお断りし、お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしております。
 今日まで、当該エリアにおいて新たに発電設備の連系を可能とすべく検討を進めてまいりました。この検討の結果、一定量の発電設備を新たに連系させることが可能となりましたので、平成28年7月1日から、系統連系申込み(接続検討申込み含む)の受付けを再開いたします。(7月1日までは系統連系申込み(接続検討申込み含む)の受付けはできませんので、悪しからずご了承ください)
 詳細なエリアについてはこちら [PDF 145.21KB]をご覧ください。
●淡路島南部地域における太陽光および風力発電設備の系統連系状況について [2016年11月25日更新]
兵庫県(南あわじ市、洲本市、淡路市の一部)で発電設備の系統連系をご計画されているお客さまへ
「太陽光および風力発電設備の系統連系状況について」は、こちら [PDF 353.95KB]をご覧ください。
「風力発電系統連系受付要項」については、こちらをご覧ください。
●淡路島南部地域における太陽光事業者さま(高圧以上、新・指定ルール)に対する出力制御機能付PCSへの切替のご案内[2017年3月31日更新]
 当社は、平成28年12月20日に「淡路島南部地域を含む四国エリアにおける再生可能エネルギーの導入量増加に伴う発電事業者への優先給電ルールのお知らせについて」を公表し、優先給電ルールに基づく各事業者さまの対応内容についてご案内しております。
 この度、切替に関する受付準備が整ったため、対象となる事業者さまにダイレクトメール等により順次手続きのご案内を行うことといたしました。
 事業者さまにおかれましては、当社のご案内をご確認いただき、期日までに所定のお手続きをお願いします。(低圧連系の方々のお手続きや時期等については、別途お知らせいたします。)
(添付)
●電力潮流の状況について
電力潮流の状況(予想値)については、送電サービスセンターまでお問い合わせください。
Get Acrobat Reader
PDF形式のファイルをご覧になるには、adobe社から提供されているAcrobatReaderが必要となります。
企業情報