2020年4月、
関西電力の送配電事業は
「関西電力送配電株式会社」へ

関西電力送配電

電気事業法の改正に伴い、2020年4月に送配電事業は
「関西電力送配電株式会社」に分社化します。
今後も、関西電力送配電として、これまでと変わらず、人々の暮らしや産業の根幹となる電気を低廉な価格で安全かつ安定的に
お届けし、社会の持続的な発展に貢献していきます。

分社化の経緯

これまでの日本の電気事業は、各地域において一つの電力会社が、発電、送配電、小売の3つの事業を一貫して行っていました。また、電気の小売料金は、発電や送電などにかかったコストに応じて金額が決まる「総括原価方式」がとられていました。
このしくみは、全国各地に電気をお届けする環境づくりに寄与した一方で、経営の効率化が働きにくいという側面もあるため、電力の安定供給の確保、電気料金の最大限の抑制、需要家の選択肢や事業者の事業機会の拡大を目的とした「電力システム改革」が行われることとなりました。
電力システム改革は、下記のように3段階にわけて進められており、2020年4月から発電・小売事業と送配電事業を同一会社で行うことが法的に禁止されるため、関西電力から送配電事業を分社化することとなりました。

分社化に向けたこれまでの報道発表資料

分社後の関西電力送配電

関西電力はこれまで、発電、送配電、小売の3つの事業を一貫して担ってきました。
2020年4月以降は、関西電力送配電が送配電事業を担い、発電・小売事業を有する関西電力のもと、より一層の中立性を確保し、公平・透明な事業運営に努めていきます。

電気をご利用されるみなさまにおいては、これまでと変わることなく電気をお使いいただけます。また、災害などによる停電発生など非常時においては、関西電力と関西電力送配電が連携して復旧に対応します。

ロゴに込めた想い

関西電力送配電

“V(ボルト)”と”A(アンペア)”を基本モチーフにしたデザインは、
”∞(無限大)”を示しています。

それは、お客さまと発電、そして送配電の三者がつむぐ
永遠の絆であり、
送配電の尽きることのない安全・安定供給の使命、
無限の可能性を象徴するものです。

抑揚のある造形は、力強さと優しさ、信頼感と柔軟性を表し、
人々や社会としなやかに繋がることで調和を生み出します。

“S”を想起させるフォルムには、
”Safety(安全)””Stable(安定)”への想いも込められています。

検索ワード