お知らせwhat's new

プレスリリース

2018

2018年12月27日
株式会社ニュージェック
関西電力株式会社

ベナン共和国「ベナン国電力セクターにかかる情報収集・確認調査」の業務受託について

 株式会社ニュージェック(以下「ニュージェック」)および関西電力株式会社(以下「関西電力」)は、独立行政法人国際協力機構(以下、「JICA」)から、「ベナン国電力セクターにかかる情報収集・確認調査」業務を受託いたしました。

 ベナン共和国は、西アフリカに位置する国であり、政府行動計画に従って社会経済の再建、再活性化を通した持続的な開発に取り組んでいます。その中でも、電力セクター開発を優先分野に位置付け、電力供給の安定化による持続的な経済成長を達成するために電力システムの近代化に乗り出しており、電化率の向上や今後も増加が見込まれる電力需要への対応等に取り組んでいます。
 日本政府としても、政府開発援助(ODA)の一環として、同国を含むアフリカ地域の持続的発展に向け、エネルギー分野において協力することを表明しており、日本国政府のODA実施機関であるJICAは電力・道路を中心としたインフラ整備を成長シナリオに必要な重要戦略として位置づけています。

 そのような状況の中、JICAは今後のベナン共和国の電力セクター開発に資する具体的な協力支援策の策定を目的に、同国の電力セクターにかかる情報収集・確認調査業務を募集しており、今回、本業務について、ニュージェックと関西電力が共同で応募し、受託することとなりました。

 業務の実施期間は2018年12月から2019年3月の約3ヶ月で、ニュージェックと関西電力は社員を現地へ派遣し、電力セクター開発にかかる情報収集および課題分析を実施します。また、ベナン共和国の持続的成長の促進に向け、電力インフラ整備におけるJICAの今後の具体的な支援策の策定に必要な基礎資料の作成ならびに想定される今後の協力事業の素案の検討・策定を実施します。

 本業務において、両社の知見と技術力を活かし、ベナン共和国の効率的な電力セクター開発計画の策定を通じて、同国の発展に貢献してまいります。

以 上

プレスリリース