ビジネスパートナーさまへのご案内business partner

調整力の公募に
ついて

2019年度調整力(2020年度向け)の公募の概要

電源Ⅰa
電源Ⅰb
電源Ⅰ´
関西国際空港島に
立地していることが
必要な電源
調整力
の公募
の概要
意見
募集※1
募集
要綱
の決定
公募の開始 調整力の
入札受付
意見募集
再開
落札候補者
の決定
電源Ⅱa
電源Ⅱb
電源Ⅱ´
調整力の
随時受付
契約
  • ※1 意見募集については今年度分への反映等を行うため、1次締切を設けておりますが、公募受付時に再開いたします。

公募の概要

2016年度より、新たな事業ライセンスの下、供給区域の周波数制御、需給バランス調整は一般送配電事業者が担うこととなりました。周波数制御・需給バランス調整に必要となる調整力について、多くの電源等への参加機会の公平性確保、調達コストの透明性・適切性の確保の観点から、当社は公募により調達することとしました。
2019年度の調整力の公募については、第38回制度設計専門会合の内容(電源Ⅰ´広域的調達等)を基に具体的な検討を行ってまいります。

【機能別、精算別の契約区分】

機能別、精算別の契約区分

調整力の公募への参加をご検討される事業者さまにおいて、対象となる契約については下図をご参照ください。

容量(kW)価格契約
電力量(kWh)価格契約

2019年度公募スケジュール(案)

2019年度の調整力の公募については、以下の日程で行うことを予定しています。

2019年度
6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
要綱公表
意見募集
要綱案
見直し
入札
募集
入札書
審査・
落札
候補者
決定
落札候補者との
契約協議

※上記公募スケジュールについては予定であり、今後、諸事情により変更となる可能性があります。

簡易指令システム

第19回制度設計専門会合(資料3-1)にてご説明させていただきました「簡易指令システム」につきましては、バーチャルパワープラント構築実証事業にて検討された共通基盤システムの仕様※1を採用いたします。同実証事業での共通基盤システムに係る仕様ついての結果がとりまとめられましたので、ご紹介します。

  • ※1 「ディマンドリスポンス・インタフェース仕様書※2」に準拠すること。また、情報セキュリティー対策として「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するサイバーセキュリティガイドライン※2」に記載のセキュリティー要件に従うこと。
  • ※2 改訂の際には最新版を参照および最新版に準拠するものといたします。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

資源エネルギー庁HP

専用線オンライン化工事

調整力運用における指令・制御方法として、専用線オンライン(簡易指令システムを用いたものを除きます。)を選択されて調整力の公募に応札される場合、契約期間開始日までに必要な対応工事・試験が完了していることが必要です。
現時点で営業運転を開始していない電源等、および当社と専用線オンライン信号(簡易指令システムを用いたものを除きます。)の送受信を開始していない電源等の場合、具体的な案件をもって、当社工事見積等を実施のうえ、必要な対応工事を実施する必要があります。
工事における標準工期については、申込後、約9ヶ月です。詳細な工期および費用は見積のうえ、算定いたします。
なお、必ずしも専用線オンライン化工事(簡易指令システムを用いたものを除きます。)の実施が調整力公募における落札を保証するものではありません。専用線オンライン化工事(簡易指令システムを用いたものを除きます。)に関するお問い合わせについては、下記問い合わせ専用フォームより入力*1願います。

*1 工事についてお申込みされたい場合については、問い合わせ専用フォームのお問い合わせ内容欄にその旨を記載ください。

お申し込み(お問合せ)から工事開始までの流れ

お申し込み(お問合せ)から工事開始までの流れ

*2 期間については、標準的な期間を記載しております。事業者の設備形態等によって、その期間は変わる可能性がございます。

お問合せ先

調整力公募に関するお問い合わせについては、必須事項を記入の上、下記問い合わせ専用フォームより入力願います。

ビジネスパートナーさまへのご案内TOP

検索ワード