MIND

先輩社員

H.Shirai

水力事業本部

MIND

先輩社員

H.Shirai

「国内No.1」さらに
「世界No.1」の
水力発電会社を目指して!

関西電力を志望した動機は
何ですか?

学生時代から、人々の暮らしを支えるライフライン関連の仕事に興味を持っていましたが、その中でも、学生時代に学んだ知識を活かせる技術系の職場を探していたこともあり、関西電力を志望しました。また、学生時代に関西電力社員による就活セミナーに参加した時に女性社員が輝いて見えたことや、実際にその女性社員から「関西電力は福利厚生や勤務・教育制度が充実していて、技術系でも女性が働きやすい」というお話を伺い、性別に関係なく力が発揮できる素敵な会社だと感じたことなども、関西電力を志望する大きな決め手になったように思います。

現在の仕事内容

現在、私は和歌山県と三重県の一部の水力発電所を管轄する、田辺水力センターに勤務しており、水力発電設備の保全業務に従事しています。具体的な業務内容は水力発電設備の巡視点検や機器の操作、協力会社による工事の安全・品質・工程等の管理業務です。
水力発電設備はひとたび故障が起こると河川への影響がある場合もあるため、その場合は地域のみなさまにご迷惑をおかけすることになります。そのため、適切な設備保全を行い、作業や機器操作においては安全最優先で基本動作を徹底し、事故の未然防止に努めています。人々の暮らしを支える発電事業の一端を担う責任の重さも感じますが、職場の先輩方とチーム一丸となって日々頑張っています。

入社後の印象

職場ではベテラン社員も多く、気難しい職場と配属前には想像していましたが、若手社員に技術・技能を継承しようという職場風土があり、わからないことがあれば何でも質問できます。雰囲気がとても良く、アットホームな職場だと感じています。

ココが良い

充実した研修施設および研修設備があり、丁寧に時間をかけて、業務で必要な技術力を身につけることができます。また、発電事業に携わる者として培った自分の技術を発揮することができます。

エピソード

水力発電所水車発電機の分解点検工事にて若手社員でありながら水車発電機の組立工程で重要な作業であるセンターリング作業(回転物を1/100mmの精度で芯出しする作業)に携わることができました。先輩方やメーカー・協力会社の皆さんと一体となって作業を進め、水車発電機の組立作業を終えて、初めて水車発電機が異常なく回転した時は、達成感と感動で涙が出ました。仕事を通して学ぶことも多く、自分の成長が実感できる仕事です。

目標&夢

お客さまの暮らしを支える電気を生み出す水力発電設備保全のスペシャリストである作業長になるのが今の目標です。作業長とは現場作業時に作業員を束ね指揮する役目の人です。安全を最優先に各作業員の個性や技術力に応じた現場配置を考え、安全・品質・工程管理を行い、指揮をする必要があります。日々の作業で先輩の仕事ぶりを学び、作業長になるため全力で取り組んでいます。

学生時代に行っていたバスケットボールの経験を活かし、地域のチームに所属し毎週仕事終わりに汗を流しています。社外の友達も増え、バスケットボール好きの仲間と楽しく汗を流すことでとてもリフレッシュできます。また、東海・北陸・近畿一円に会社の同期が配属されているため、ドライブを兼ねて各地の同期に会いに行くこともあります。その地域のおいしい物や景色などは、趣味であるカメラに納めたりして、プライベートも充実しています。

INDEXへもどる