MIND

先輩社員

S.Ohno

水力事業本部

MIND

先輩社員

S.Ohno

主要なライフラインの担い手として、
社会から必要とされる存在になるため、
困難な仕事こそ諦めずに
最後までやり抜きます。

関西電力を志望した動機は
何ですか?

阪神・淡路大震災の復旧記録を目にする機会があり、現場で停電復旧のために汗を流し活躍する当社社員の光景を目の当たりにしました。私たちが普段何気なく使用している電気は、このような人たちの努力の積み重ねで創り出されているということを知り、大変感銘を受けました。そこで自分も地域の暮らしや社会を支えている電力会社で働きたいという思いが強くなり、入社を希望するようになりました。
また、会社説明会では、先輩社員から「電力の安全・安定供給を使命として働いている」という熱い思いを聞き、そしてその思いに強く惹かれたため、自分も同じ職場で働きたく、関西電力を志望することとしました。

現在の仕事内容

私は、岐阜県にある大型の水力発電所の水車発電機取替工事の設計業務を担当しています。私が担当する水力発電所は運用開始から百年近くが経過しています。これまで定期的に設備を取替することでしっかり発電してきましたが、至近でこの取替のタイミングがあるため、最新の機器を導入するなどして、発電電力量の増加と環境に優しい設備形成を目指して全力を尽くしています。
大きなプロジェクトとなるため、学ばなければならない事が多く、たくさんのハードルを越えていく必要がありますが、水力発電所の安全・安定運転に直結する業務であり、大きなやりがいのある仕事であると感じています。

入社後の印象

「安全第一」という言葉が良く似合う非常に安全意識の高い会社であるという印象を持っています。例えば、高所作業や重量物を扱う作業はリスクが伴う作業になりますが、さまざまな研修での教育や先輩からの指導を受けて安全に関する知識・技能を身につけた上で作業にあたっています。
当社に関わる全ての人の笑顔と安全を守るため、安全に対する妥協を決して許さず、社員のひとりひとりが信念を持って日々の業務に安全最優先で取り組んでいます。自分も後輩たちの模範となるように、常日頃から安全最優先で業務に臨んでいます。

ココが良い

関西電力では、水力部門の中でも業務は多岐に渡ります。その様々な業務を経験する事ができるため、その中で自分に合ったやりがいのある大きな仕事を見つけられるのが関西電力の大きな魅力の1つであると考えています。
ただ、業務内容が違っても社員のひとりひとりが電力の安全・安定供給という使命の下に一丸となって働いています。その意識の高さこそが、関西電力の社員として誇れるところであり、最大の魅力であると私は思っています。

エピソード

私が初めて工事設計を行ったのは、圧縮空気を発生させる装置の取替工事でした。初めての工事設計であったため、不安でいっぱいでしたが、上司と先輩方に指導をもらい、無事に竣工させることができました。営業運転をしている圧縮空気発生装置をたまに見ると、改めて自分が苦労して取り付けた物であるという実感が沸いてきて、大きな達成感を感じたことを思い出し、初心に帰ります。

メッセージ

人と人は相性があると言いますが、人と企業との相性も存在すると思っています。相性というのは目には見えないため、可視化することは難しいですが、就職というのは人生の大きな節目であるため、相性を見極めるのはとても重要になると思います。どの会社が良いのか悩んでも悩みきれないと思いますが、後悔のないように時間をかけて貰えればと思います。
卒業論文の作成等、非常に忙しく大変な時期だと思いますが、就職活動では自信を持って頑張ってください。関西電力を志望いただける皆さんと同じ職場で仕事ができることを楽しみにしています。

目標&夢

私の目標は、現在工事設計を担当している水力発電所の水車発電機取替工事を無事故・無災害で竣工させることです。水車発電機取替工事は数十年に一度の大型工事であり、数年がかりの非常に長期な工事となります。その工事で、工事設計者として、無事故・無災害で安全に工事ができるように、工夫に工夫を重ねた設計を行っています。これからも使命感を持って業務に臨んでいきます。

学生の頃から続けていたスノーボードを今でも続けています。まだまだ下手ですが、簡単なトリックであれば出来るようになったので、ますますスノーボードが楽しくなってきています。シーズンの最盛期には、一泊二日で温泉のあるスキー場への旅行計画をしており、毎年楽しみにしています。

INDEXへもどる