社員紹介

若年層の更なる「やる気・やりがい」の向上のため、新しい表彰制度を企画

若年層を対象とする表彰制度の企画に携わりました。これまで、表彰者の選定や表彰式の実施などの運営業務に携わっており、従業員に広く影響を与える制度の企画は私にとって初めての「挑戦」でした。また、関西電力の将来を担う若年層の更なる「やる気・やりがい」の向上は、会社にとっても大きな課題であったため、なんとか課題解決に資する制度を企画したいという思いがありました。制度を企画する中で感じたことは、「ゼロから創りあげることの難しさ」です。制度企画にも、「これが正解」という明確なものはないため、同種の過去事例の経緯を調べたり、他企業の導入例のヒアリングをしたり、若年層社員の多い職場の状況を聞いたりすることにより、手探りではありましたが、少しずつ方向性を固めていきました。

従業員が持てる力を発揮できるよう、さまざまな人事制度の改定に着手

制度の新設を社内で通知する際は、「従業員の皆さんがどのようにこの制度を受け止めるのかな」と少しドキドキしましたが、表彰を受けた若年層社員から「この表彰が自分の業務を振り返る良い機会となり、今後も気を引き締めて頑張っていきたい」という話を聞き、会社の課題解決に少しでも貢献できたことに喜びを感じました。人事制度は一度企画して終わりというものではなく、社内外の環境変化にあわせて柔軟に見直していくものだと考えています。今後も今回の挑戦で学んだことを活かし、表彰制度に限らず、従業員が持てる力を発揮できるよう、さまざまな人事制度の改定に取り組んでいきたいと考えています。人事労務業務を中心にさまざまな経験を重ね、5年後、10年後には、「困ったら、吉村に聞いたら大丈夫」と言われるような頼れる人材になりたいと思います。