社員紹介

多岐にわたる法務相談に携わり、会社をサポート

法務部門において、配電・営業・企画部門からの法務相談対応や訴訟案件を担当しています。お客さま対応の第一線で起こるトラブルや電力システム改革に関する相談など、全社からの多岐にわたる法務相談を受けています。相談者とコミュニケーションを十分とることを心掛け、案件の概要、背景・経緯、懸念点や相談部門が望む方向性など聞き取ったうえで法的なリスクを整理し、関西電力が負う法的リスクを低減する最適な方法や契約書の内容を検討します。また関西電力が当事者となる訴訟では、社外の弁護士や関係部門と連携しながら、望ましい解決へ導けるよう取り組んでいます。法務に所属する私が、直接お客さまや契約先と交渉する機会は多くはありませんが、自部門にとどまらず多岐にわたる業務に法的な側面から携わり、サポートできることにやりがいを感じます。

法的リスク回避と最善の解決へ導くという責務

電力システム改革など関西電力を取り巻く経営環境は、大きく変わろうとしています。実際に電力システム改革に関連する法律相談では、これまで経験したことがない問題や課題も多く、未知の法的リスクが潜在的にあります。今後、法務部門が果たす役割の重要性が増していく中で、法務部門の一員として、これまで以上に法令や判例などの知識の習得に努め、法的リスクを的確に指摘・評価し、課題解決や将来の紛争を未然に防ぐことに貢献したいと考えています。特に案件の大小に関わらず、相談部門の方と連携しながら、問題の解決に向けて取り組み、望ましい解決に至ったときに大きなやりがいを感じます。