社員紹介

ラオスの新規水力事業の実現に向けて、現地との調整を推進

ラオスにおける新規水力発電所開発案件について、地質調査、土木設備設計、施工計画、建設費積算、環境調査、リスク分析などを実施し、事業が実現可能かどうかを検討しています。また、事業化に向けた取組みとして、請負者選定のための入札手続きや、ラオス国関係機関、県、地域の方々といった現地関係各所との調整を進めています。

大規模な海外での新規開発プロジェクトを通して成長

土木設備の設計や施工計画に関する机上の検討だけでなく、現場踏査や、関係箇所との協議といった現地での仕事にも携わっています。こうした業務を通じて、プロジェクトを前進させることが私のミッションです。国内では少なくなった大規模な新規開発プロジェクトに一から携わり、土木に関する業務のみならず、現地での協議や国際契約など、さまざまな業務を通じて、英語や法律といった土木以外の知識や経験も得られる点にやりがいを感じ、日々の業務に取り組んでいます。