社員紹介

将来の料金収入の予測を算定する重要な務め

料金企画グループでは、電力システム改革の審議内容などを踏まえた料金制度設計を検討しながら、お客さまへ提案する料金メニューの検討といった、料金戦略全般を取り扱っています。その中で私は、主に低圧分野における収入算定業務を担当しています。具体的には、経済指標等により想定された将来の需要予測などの想定要素にもとづき、料金メニューごとに、将来の料金収入の予測を算定しています。料金単価の決定に直結する算定であり、1,300万件のお客さまの電気料金にダイレクトに影響する責任の大きさは意識して止みませんが、小売全面自由化を見据えた検討を行うこのタイミングに重要な担当を任される幸運に感謝して、日々業務に邁進しております。

電気を魅力的な商品にする

かたちを持たない「電気」というエネルギーに、「料金メニュー」という個性を与え、魅力的な商品として世に送り出す。それが料金企画グループの使命だと考えています。社会情勢の変化に伴い、電力会社が世の中から求められる料金メニューの形態は変わりつつあり、これまで以上にお客さまのニーズを迅速にキャッチすることが求められます。今後更なる普及が期待されるスマートメーターを最大限活用し、小売全面自由化を見据えた競争力を持ったメニューの実現に向け、日々検討を続けています。社員の絶え間ない努力によって届けられる電気を、お客さまと関西電力の双方のニーズを満たす「生きた商品」として提供する。その使命に貢献していきたいと考えています。