社員紹介

プラント内の安全を常に監視

高浜発電所の第二発電室に勤務しています。現場最前線の職場において、3交替の当直勤務でプラントの運転管理業務を行っています。プラントを安全に運転するためには、さまざまな機器や設備などの監視が必要であり、巡回点検を通して機器などの運転状態やパラメータを監視し、プラント内に異常がないかどうか、常に注意して監視しています。将来の原子力事業を担っていく人材となるためには、机上の知識だけではなく現場での知識が非常に大切です。少しでも多くの現場に根差した知識を蓄えることが今の自分にとってのミッションです。また、現在は当直班というひとつのチームで仕事をしているため、チームに貢献するために自分にできることを積極的に見出だし、行動に移すようにしています。

世界最高水準の安全を実現したい

関西の地域の方々のために、電気をつくり、送電する発電所という現場第一線職場で働いていることに対し非常にやりがいを感じます。膨大なエネルギーを生み出す原子力発電所で働いているということを考えると、これから自分が行っていくであろう業務に対して、誇りや責任感といったものの芽生えを感じています。現在、わが国の原子力発電所は世界最高水準の安全性を実現させるための取組みを着実に進めているところであり、私も社会の方々に安定した電気を届けられるよう使命感をもって業務に励んでいます。