将来の電力供給力を取引する「容量市場」2020年にスタート! 将来の電力供給力を取引する「容量市場」2020年にスタート!

関西電力はお客さまとともに、次世代のエネルギー社会を築いてまいります。 関西電力はお客さまとともに、次世代のエネルギー社会を築いてまいります。

容量市場とは

 容量市場とは、従来の卸電力市場で取引されている「電力量(kWh)」ではなく、「将来の供給力(kW)」を取引する市場です。
将来にわたる供給力(電源)を効率的に確保するために、諸外国で広く導入されている容量市場が2020年度に創設されることになりました。
具体的には発電所等の供給力に対し、長期的な投資回収の予見性を持たせることで、市場原理により適切な電源構築を行い、中長期的に必要な供給力等を確保するための仕組みです。

容量市場が創設されることになった背景

 電力自由化やFIT制度の導入による再生可能エネルギーの拡大により、電力会社をとりまく環境は大きく変化しましたが、引き続き、安定供給を維持するには多様な電源(発電所)を持ち、供給力を安定化させることは引き続き必要です。

今まで~これから~どう変わる? 今まで~これから~どう変わる?

 電源の新規建設や改修を行うためには、長い期間が必要ですが、先行きの見通しが立たないと事業はなかなかすすみません。この状態を放置すると電源への投資が適切に行われず、安定供給が損なわれ、それに伴う電気料金の高騰が起きる可能性があります。
そこで、

  • ① あらかじめ必要な供給力を確実に確保すること
  • ② 電気の市場価格の安定化を実現することで、電気をご使用いただくお客さま全体へもメリットをもたらすこと
を目的に容量市場は創設されることになりました。

参加対象となる電源

 容量市場のオークションには様々な電源が参加することができます。
お客さまの既存設備を活用したデマンドレスポンスも、発動指令電源としてご参加いただけます。

オークション参加対象となる電源等の概要

オークション参加対象となる電源等の概要 オークション参加対象となる電源等の概要

容量市場の全体スケジュール

 現在、調整力公募(電源Ⅰ’)にご参加いただくお客さまの場合、容量市場においても同様にご参加いただけます。デマンドレスポンスでご参加いただいているお客さまは、2023年度までは調整力公募、2024年度からは容量市場への参加により報酬を受け取ることが可能です。
 調整力公募は例年、次年度向きの募集が前年度にございますが、容量市場は長期的な予見性確保の観点からメインオークションは4年前、電源の実効性を確認するテストは2年前に行うことになるため、容量市場は調整力公募に比べ、お客さまと参加に向けての合意を早期に行う必要がございます。

容量市場スケジュール 容量市場スケジュール

容量市場の仕組み

 容量市場は、電力広域的運営推進機関(広域機関)が実需給年度の4年前に全国で必要な供給力を一括で入札により確保します。

容量市場の取引時のお金の流れ(イメージ)

容量市場の取引時のお金の流れ(イメージ) 容量市場の取引時のお金の流れ(イメージ)

容量市場の落札価格

  約定価格は、原則として落札された電源のうち最も高い応札価格とし、応札価格が単一の約定価格となるシングルプライス方式で決定されます。

オークションの落札イメージ

容量市場スケジュール 容量市場スケジュール
  • 応札価格が低い順に、全ての電源等区分の応札情報を並べ、供給曲線を作成します。
  • 全国の需要曲線と全国の供給曲線の交点となる応札情報の応札価格を約定価格とします。
  • 約定価格以下で応札している電源等を落札電源とします。なお、応札容量が部分的に落札されることはありません。

よくあるご質問

全般

容量市場に参加する場合どのような事前準備が必要ですか。

新たにご用意いただくものはございませんが、単線結線図や検針票等、お客さまの設備や電気供給契約の内容がわかる資料をご提出いただく必要がございます。

なぜ、実際に運用する4年前にメインオークションがあるのですか。

電源を新たに作るためにはある程度のリードタイムが必要であり、発電事業者の予見性確保のため4年前にメインオークションを行うとされています。

関西電力にお願いするにあたって、費用負担はあるのですか。

原則、お客さまに費用をご負担いただくことはございません。

どのくらいの報酬がもらえるのですか。

2024年度が実需給年度の場合、2020年7月にメインオークションが開催されます。その落札結果やお客さまの供出容量、供出方法等により異なりますので、別途ご案内させていただきます。

どんな設備があれば容量市場に参加できますか。

調整力公募と同様に自家用発電設備や、設備の負荷抑制によるデマンドレスポンスなどのお客さまの設備を使ってご参加いただけます。
お客さま設備の活用方法についてはこちら

デマンドレスポンスに活用する設備は小規模ですが、参加できますか。

小規模の設備も関電アグリゲーターでアグリゲート(集約)いたしますので、ご参加いただくことができます。

デマンドレスポンスに活用できる設備が蓄電池ですが、参加できますか。

発動指令電源の一つとして負荷設備や自家用発電機と同様に参加いただけます。

発動指令の連絡があった場合、具体的にどのような対応をすればよいのでしょうか。

開始時間の3時間前までにご連絡させていただきますので、あらかじめご契約いただいたお客さまの設備で、原則3時間継続してデマンドレスポンスを実施していただきます。
(年間に最低1回、最大12回ご対応いただくことがございます。)

実際に関西電力から連絡を受けた際に、契約通りにデマンドレスポンスが実施できない場合、報酬は減額されますか。

契約通りにデマンドレスポンスを実施できない場合は、お客さまへお支払いする報酬を減額させていただくことがあります。そのため、当社では、お客さまの設備やその稼働状況等を丁寧に分析し、無理のないご提案をさせていただきます。

関電アグリゲーターへアグリゲートを依頼するとどんなメリットがありますか。
  • ・当社は、エネルギー会社として、お客さまへ最適なエネルギー活用のご提案をさせていただいております。
    調整力公募へ初年度からの参加やVPP実証事業へ参画しており、その知見や経験を活かし、デマンドレスポンスへ無理なくご参加いただける方法をお客さまと一緒に考えさせていただきます。
  • ・お客さまのご参加に際し、VPP統合プラットフォームシステム「K-VIPs」を当社負担で設置させていただきます。発動時のベースラインの確認やお客さまと当社間のスケジュールの共有をシステムで行うことで、発動時の達成状況の確認や日々の業務の簡素化を実現します。
関西電力以外の小売電気事業者と電気供給に関して契約していますが、容量市場での取引を、関電アグリゲーターにお願いできますか。

当社以外の小売電気事業者と電気供給契約を結ばれているお客さまでも問題ございませんので、ご相談ください。

現在、関西電力以外のアグリゲーターと調整力公募(電源Ⅰ’)に関する契約をしていますが、容量市場取引について、関西電力にお願いできますか。

当社以外のアグリゲーターと契約中のお客さまでも問題ございませんので、調整力公募(電源Ⅰ’)契約、容量市場取引ともにご相談ください。

調整力公募との違いについて

1日に複数回発動指令はあるのですか。

調整力公募(電源Ⅰ’)とは異なり、発動指令への応動は1日1回が限度となります。

実際に関西電力から連絡を受けた際に、契約通りに応動(デマンドレスポンス)できない場合はどうなりますか。
報酬の減額は発生しますか。

契約通りにデマンドレスポンスが実施できない場合は、お客さまへお支払いする報酬を減額させていただくことがあります。そのため、当社では、お客さまの設備やその稼働状況等を丁寧に分析し、無理のないご提案をさせていただきます。

関西電力以外の小売電気事業者と電気供給に関して契約していますが、容量市場取引について、関西電力にお願いできますか。

当社以外の小売電気事業者と契約中のお客さまでも問題ございませんので、ご相談ください。

関西電力以外のアグリゲーターと調整力公募(電源Ⅰ’)に関して契約していますが、容量市場取引について、関西電力にお願いできますか。

当社以外のアグリゲーターと契約中のお客さまでも問題ございませんので、調整力公募(電源Ⅰ’)契約、容量市場取引ともにご相談ください。

現在、調整力公募(電源Ⅰ’)において、関西電力と契約して参加していますが、関西電力のVPP統合プラットフォームシステムである「K-VIPs」は引き続き利用できますか。

引き続きK-VIPsをご利用いただけます。追加でお客さまに費用をご負担いただくことはございません。

検索ワード