事業所・関連施設

越前若狭探訪

越前若狭探訪

九頭竜川を渡る水上の道〈現在の永平寺町藤巻(ふじまき)~勝山市北郷町森川〉小舟渡(こぶなと)の舟橋(ふなばし)

九頭竜川に架かる小舟渡橋から上流側、かつて舟橋があった辺りを撮影

今

九頭竜川に架かる小舟渡橋から上流側、かつて舟橋があった辺りを撮影

小舟渡の舟橋

昔

小舟渡の舟橋〔『越山若水』(福井県編・明治42年発行、福井県立図書館所蔵)から〕

 九頭竜川の中流に位置する永平寺町藤巻の小舟渡は、明治初期まで勝山と福井を結ぶ勝山街道の渡し場があったところ。
 明治15年(1882)には"舟橋"が架けられた。数隻の小舟を鉄の鎖でつないで並べ、その上に板を渡したもので、全長約100m、通路の幅は2.7mあり、荷車や馬車が荷物を積んだまま対岸に渡ることができた。
 それ以前の渡し舟の時代には、九頭竜川が増水するたび川止めになり、福井から勝山に向かう旅人は引き返すこともままならず、藤巻に数軒あった茶屋や宿屋で、水が引くまで待たなければならなかった。
 舟橋も、増水すれば橋ごと流される恐れがあったため、川の中央付近で舟と舟とを鉄鎖ではなく藤蔓(づる)で結び、流速が増すとそこで自然に切れたり、必要に応じて人が切り離して舟を両岸に引き寄せた。
 大正3年(1914)、京都電灯株式会社によって福井から勝山を経由して大野に至る越前電気鉄道が開通。線路は九頭竜川の下流に向かって左岸を通り、小舟渡には駅(停車場)が設けられた。しかし、右岸の住民は、増水すると川を渡れず、電車に乗れないことから、架橋を望む声が高まり、大正12年(1923)に、当時としては珍しい鉄橋の小舟渡橋が架けられた。その橋をひと目見ようという見物客も多く、小学生が遠足に訪れたという。
 しかし、小舟渡橋は道幅が約3.6mと狭いことから、車のすれ違いができず、戦後は交通のネックに。解消のため、昭和43年(1968)、小舟渡橋の約1km下流に市荒川(いちあらかわ)大橋が造られ、以後、小舟渡橋の通行量は大幅に減少した。
 時代とともに渡し舟、舟橋、鉄橋と変遷を遂げた九頭竜川を渡る道。近代化遺産とも言える鉄橋は、今も姿を水面に映し、車が道を譲り合いながら通行している。

現在のえちぜん鉄道勝山永平寺線の小舟渡駅とその70mほど下流の九頭竜川に架かる小舟渡橋

今

現在のえちぜん鉄道勝山永平寺線の小舟渡駅とその70mほど下流の九頭竜川に架かる小舟渡橋

越前電気鉄道の小舟渡駅に停車中の電車と、九頭竜川に架かる舟橋

昔

越前電気鉄道の小舟渡駅に停車中の電車と、九頭竜川に架かる舟橋(大正期に撮影された写真。勝山市下森川区提供)

こぼれ話

  • 県道福井丸岡線(旧国道8号線)の九頭竜橋付近(福井市舟橋-森田)には、かつて舟橋があり、そこに木橋が架けられたことで不要となった鉄鎖などを譲り受けて、小舟渡に舟橋が設けられたという経緯がある。
  • 小舟渡には、京都電灯直営(後に京福電気鉄道の子会社が運営)の「小舟渡遊園地」(観光レジャー施設)や昭和36年には「かまぶろ温泉」がオープンしてにぎわったが、平成14年に閉鎖された。

地図

【参考文献】『図説 勝山市史』(勝山市・平成9年発行)、『京福電気鉄道 88年回顧録 越前線写真帖』(京福電気鉄道株式会社・平成15年発行)、『越前・若狭 歴史街道』(上杉喜寿著・平成4年発行)

越前若狭のふれあい定例号に関するご意見・ご希望はこちらから

ABOUT US
検索ワード