お近くの関西電力

かんでんトピックス

かんでんトピックス 学ぼう!高レベル放射性廃棄物の『最終処分』

読者の皆さまからいただいた、高レベル放射性廃棄物の『最終処分』に関するさまざまな質問に、
誰にでも分かりやすくお答えします。

Q1 高レベル放射性廃棄物ってなに?

原子力発電所で使い終わった燃料のうち、約95%は原子力発電所の燃料として再利用が可能です。再利用できる物質を取り出した後に残る残り5%の廃液を、ガラスと一緒に固めたものを高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)と呼びます。

燃料再利用の図

Q2 どうやって処分するの?

地下深くの固い岩盤が持っている「物質を閉じ込める」性質を利用します。高レベル放射性廃棄物をさまざまな物質で何重にも覆った上で、長期にわたり地下300mより深い安定した岩盤の中に閉じ込めます。この方法を「地層処分」と呼びます。

地層処分の図

Q3 地層処分はどこが実施するの?

国の認可を受けて設立された「原子力発電環境整備機構(NUMO)」が実施主体となり、処分地の選定や処分の実施を行います。当社を含む電気事業者は、地層処分に関する理解活動を主体的に行うとともに、NUMOに対してサポートを行います。国は、最終処分の基本的な方向性を定めるとともに、国民や地域に対して説明を行います。

地層処分事業の実施主体の図

Q4 処分施設はどこに建設されるの?

まだ決まっていません。現在、処分地として科学的により適性が高いと考えられる地域を提示すべく、国が検討を進めています。提示後は、国やNUMOが全国各地で理解活動を進め、その中で関心を持った地域の方々を支援し、将来的にはその活動状況を踏まえ、国から複数の自治体に対し文献調査への協力をお願い(申し入れ)することを目指しています。国からの申し入れを地域が受諾した場合、処分地としての適性を確認する3段階の調査を行い、地域の意見を踏まえた上で、建設地が決定されます。

処分施設の建設地 選定プロセスの図

Q5 地層処分施設ってどんなものなの?

処分施設は、「地上施設」と地下300mより深い安定した岩盤の中に建設される「地下施設」で構成されます。地上施設で検査などを受けた高レベル放射性廃棄物は、トンネルを通して地下の坑道まで送られ、埋設されます。
現在の計画では、最終的に全ての坑道は埋め戻され、完全に閉鎖されることになっています。今後発生すると見込まれている分を含め、4万本以上の高レベル放射性廃棄物を埋設できる施設の建設が計画されています。

地層処分施設のレイアウト例

Q6 海外ではどのように処分しているの?

海外でも「地層処分が最適な方法である」という認識は同じです。
各国で処分地の選定や必要な研究などが進められており、フィンランドやスウェーデンではすでに処分する場所が決められています。

越前若狭のふれあい定例号に関するご意見・ご希望はこちらから

企業情報