お近くの関西電力

かんでんトピックス

かんでんトピックス

皆さまからのご質問にお答えします

40年を超えた原子力発電所の運転って必要?

 国内の原子力発電所の運転期間は、原子炉等規制法において、運転を開始した日から起算して40年とされています。しかし、満了までに原子力規制委員会の認可を受けることで、1回に限って、上限20年の延長が可能です。このまま40年を超えた原子力発電所が運転終了となったら、どうなるのでしょう。

 経済産業省が昨年7月に長期エネルギー需給見通しを策定しました。その中で、2030年度のエネルギー需給構造の見通しで、あるべき姿として示された電源構成のうち、原子力発電は20~22%と明記されました。●2030年度における電源構成

 しかし、このまま現存する全ての原子力発電所が40年で運転終了となると、2030年頃に設備容量が現在の約半分、2040年頃には2割程度となります。発電電力量にすると2030年で約13%となります。●現存する原子力発電所が40年で運転を終了した場合
資源エネルギー庁「長期エネルギー需給見通し関連資料」(平成27年7月)、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会、資源エネルギー庁提出資料(平成24年4月)をもとに作成

 2030年度のエネルギー構造における原子力のあるべき姿である20~22%を確保するためにも、安全確保を大前提として40年を超えた原子力発電所が必要となります。

次へ

企業情報