事業所・関連施設

ふるさと再発見

あわら温泉に新しい魅力- からだも心もあたたまる女子旅

『関西の奥座敷』として親しまれ、北陸を代表する名湯あわら温泉。
情緒漂う湯のまちで最近多く見かけるのは、若い女性客。
「温泉女子会」の旅先として人気の高まる、あわら温泉 女子旅スポットをめぐる。

しっとりした湯のまち情緒漂う石畳の通り

情報を入手するならココ おしえる座ぁ(あわら湯のまち駅店)TEL0776-77-1877 営/9時から18時 休/年末年始

あわら湯のまち駅の中にある、あわら温泉と周辺観光の“情報処”。あわら市のまちおこし団体「あわら湯けむり創生塾」(2006年に発足)が運営。各旅館の『湯めぐり手形』の販売やレンタサイクル受付、温泉化粧水『美肌水』やオリジナルのプリンの販売も。
「あわら湯けむり創生塾」のHPはコチラ

注目のおしえる座ぁオリジナル商品
蒸(む)っしゅプリン
地元のブランドサツマイモ『とみつ金時』と朝どり卵を使った、とろける口ざわりのプリン。おしえる座ぁで1日30個の限定販売(370円〈税別〉)。
美肌水
あわら湯けむり創生塾のオリジナル商品。あわら温泉の源泉を使った無添加の化粧水(1,200円〈税別〉)。

仲良く二人乗り♪温泉好きにおすすめ
レンタサイクル 湯めぐり号
牽引式(牽引部は取り外し可)で二人乗りもできる日本初の自転車。二人乗りで公道を走れるレンタサイクルは、現在日本中で、この湯めぐり号だけ。
[料金]1時間500円〈税別〉~ [利用時間]9時から18時
[受付]おしえる座ぁ

湯めぐり手形
1枚1,500円(税別、半年間有効)。旅館組合加盟各旅館とセントピアあわら(日帰り入浴施設)のいずれか3カ所に入浴できる(3人で1カ所も可)。当日、利用できる旅館・時間帯は、おしえる座ぁに掲示。

豪華な足湯5つの浴槽 源泉かけ流し“芦湯” TEL0776-78-6767(あわら市観光協会) 営/7時から23時 休/年中無休 料/無料 他/タオル自販機あり、wi-fiスポット
2014年あわら湯のまち駅前の「湯のまち広場」にオープン。総ひのきの伝統的な数寄屋風の建物に、泉質や湯温、形などが異なる5つの浴槽がある。昼間とは雰囲気 が変わる夜の足湯も人気。

源泉かけ流し“芦湯”


建物横の湯畑で2つの源泉(55℃と75℃)の湯温を適温に調整している。

夜の足湯もたのしめる

10軒が個性と味を競う あわら温泉屋台村 湯けむり横丁 TEL0776-77-1877(おしえる座ぁ) 休日・営業時間は店ごとに設定
「湯のまち広場」にオープンしてから、今年12月で10周年を迎える。海鮮料理、ギョーザ、ホルモン、焼き鳥、串揚げ、おでん、ラーメン、フレンチなど、10軒がそれぞれに個性と味を競う。こぢんまりとした店内は、地元客と旅人との交流の場に。

あわら温泉屋台村 湯けむり横丁

おでんからフレンチまでそろってます

留学生の魯迅(ろじん)に勇気を与えた人 藤野厳九郎(ふじのげんくろう)記念館 TEL0776-77-1030 営/9時から18時 休/火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始 料/200円(高校生以下無料)
藤野厳九郎記念館

中国の文学者で思想家・魯迅が生涯敬愛した恩師・藤野厳九郎は、現在のあわら市下番(しもばん)の出身。医学に志を立てて日本に留学するも、くじけそうになる青年魯迅を励まし、勇気を与えた医学者。記念館は旧宅(登録有形文化財)と資料室からなる。
藤野厳九郎が使った医療器具 戦前に暮らした旧宅を移築

いつもと違う私に-芸妓(げいこ)・舞妓(まいこ)変身体験 TEL0776-78-6767(あわら市観光協会) 体験料/1人13,000円(1名での申し込み)、11,500円(2名での申し込み)、10,000円(3名での申し込み) 所要時間/2時間30分 場所/伝統芸能館(湯のまち広場内)※3日前までに要予約

あわら温泉の華といわれる芸妓さんに着付けや化粧をしてもらって、あでやかに大変身!!
オプションでプロカメラマンによる写真撮影や、旅館の庭園散策も。思い出に残る貴重な体験をぜひ!

舞妓さんに大変身!

公共の日帰り入浴施設 セントピアあわら TEL0776-78-4126 料/高校生以上500円、小中学生300円、3歳以上幼児200円 営/10時から22時 休/第4火曜(祝日の場合は翌平日)
あわら温泉の総湯ともいえる公共の湯。露天風呂の開放感を生かした「天の湯」と、湯治場的な雰囲気の「地の湯」の2つの湯殿は、男女1週間ごとに交代。温泉卵作りも人気(売店で生卵を1個40円で販売)。

男湯と女湯 週替わり
(上)天の湯 (下)地の湯

風呂上がりには温泉たまごのできあがり

よってって!ファーマーズマーケットきららの丘(JA花咲ふくい) あわら市牛山25-56 TEL0776-78-6020 営/9時から17時 休/第3水曜

この直売所がある坂井北部丘陵地は、県内でも有数の園芸産地。約250軒の農家から持ち込まれる採れたての野菜や果物のほか、手作りの加工品などを販売。秋はサツマイモ、トマト、ニンジンなどがどっさり並ぶ。米粉で作る米パンの製造販売や、手打ちそばの店も併設。11月4、5日には恒例の“大感謝祭”を開催(よりどり詰め放題や餅まきなどを予定)。
きららの丘のHPはコチラ

もっちり食感が特長のKOMEワッサンのほか、米粉の食パンも好評! 園芸産地にある人気の直売所 スイカの屋根が目印 これを目当てに訪れるファンも多い十割そば 大根おろしも絶妙の辛さ

ぐるっと福井まちなか 春らんまん桜めぐり 地図

〈取材協力〉(一般社団法人)あわら市観光協会、あわら湯けむり創生塾

【問い合わせ先】(一般社団法人)あわら市観光協会 TEL0776-78-6767 http://awara.info/
「おしえる座ぁ」あわら湯のまち駅店 TEL0776-77-1877 http://yukemuri.jp/

越前若狭のふれあい定例号に関するご意見・ご希望はこちらから

企業情報