事業所・関連施設

高浜発電所だより

高浜発電所だより 臨時号 2016年2月
高浜発電所3号機が再稼動いたしました みなさまのご理解とご支援に御礼申し上げます

高浜発電所長 大塚茂樹
高浜発電所長
大塚茂樹

 高浜3号機は、2月1日に発電、送電を開始し、再稼動いたしました。
高浜発電所が運転を停止してから3年11ヶ月の間、多大なるご心配・ご迷惑をおかけしてきましたが、おかげさまで、無事に高浜3号機の運転を再開することができました。このたびの再稼動にあたりまして、一方ならぬご理解とご支援を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。
 当社はこれまで、福島第一原子力発電所のような事故を二度と起こさないとの強い決意のもと、安全性向上の取組みに終わりはないということを肝に銘じ、徹底した安全対策に努めてまいりました。今後も規制の枠組みにとどまらない原子力発電の安全性のさらなる向上に取り組んでまいります。
 そして、高浜3号機を安全に安定して運転し続けるとともに、高浜4号機についても、安全を最優先に慎重に再稼動の工程を進めてまいります。

再稼動した3号機(左)
再稼動した3号機(左)

 また、高浜1・2号機の運転期間を60年とする運転期間延長認可申請につきましても、国の審査に真摯かつ丁寧に対応し、今年の7月の期限までに許認可をいただけるよう、全力で取り組んでまいりますので、引き続き、ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

安全を最優先に高浜3・4号機の再稼動工程を進めています

 高浜3号機は、 1月29日に原子炉を起動し、2月1日に発電を再開、2月4日からは定格熱出力一定運転を開始しています。今後は、発電所が正常に運転できていることを確認いただく原子力規制庁の最終検査(総合負荷性能検査)を2月25日から26日にかけて受検し、本格運転を目指してまいります。また、高浜4号機については、1月31日から開始した燃料装荷作業が2月3日に完了し、2月下旬の原子炉起動に向け、着実に再稼動工程を進めてまいります。

3号機の並列操作をする運転員
3号機の並列操作をする運転員

  3号機 4号機
燃料装荷 12月25日~28日 1月31日~2月3日
原子炉起動 1月29日 2月下旬
臨界 1月30日 2月下旬
並列 2月1日 2月下旬
定格熱出力一定運転 2月4日 3月上旬
本格運転 2月26日(予定) 3月下旬
【用語解説】
原子炉起動:原子炉臨界に向けて制御棒の引き抜き作業を開始すること
臨界:核分裂の連鎖反応が維持される状態のこと
並列:発電機と送電系統をつなぎ、送電を開始すること
定格熱出力一定運転:原子炉で発生する熱(原子炉熱出力)を一定に保ったまま運転すること
本格運転:原子力規制庁の最終検査(総合負荷性能検査)に合格した後の運転のこと

左:原子炉並列(H28.2)中央:原子炉起動(H28.1)右:燃料装荷作業(H27.12)

高浜3号機再稼働までの主な出来事

左:重大事故対応訓練(H28.1)中央:高浜町長による現場確認(H27.4)右:高浜町議会による現場確認(H27.2)

左:原子力総合防災訓練(H26.8)(発電所緊急時対策本部)中央:新規制基準施行(H25.7)(原子力規制庁に申請書を提出)右:定期検査工事(H24.2)(タービン点検)

企業情報