事業所・関連施設

高浜発電所だより

高浜発電所だより 第112号 2015年8月

 町民のみなさまには、日頃より発電所の運営にご理解・ご支援をいただきありがとうございます。
 当社は、高浜3・4号機の新規制基準に基づく申請を行って以降、これまでの2年間、審査対応や安全性向上対策等に全力で取り組んでまいりました。
 全国では、8月11日、新規制規準の施行後、初となる九州電力川内原子力発電所1号機が再稼動しました。
 当社も、川内原子力発電所に続けるよう、引き続き、3号機の使用前検査や、残る審査への対応、3・4号機の運転差し止め仮処分命令への対応等に確実に取り組み、町民のみなさまのご理解を賜りながら、一日も早い再稼動を目指してまいります。

高浜3号機の工事計画認可をいただきました

 当社は、8月4日、原子力規制委員会より、高浜3号機の工事計画認可申請について、認可をいただきました。
 工事計画認可とは、各設備の細かな設計が技術基準を満足していることを原子力規制委員会に審査していただいたものです。
 高浜4号機については、工事計画認可申請の審査中ですが、今後の審査会合等の結果を踏まえ、準備が整い次第、4号機の補正書を再提出し、一日も早く認可をいただけるよう取り組んでいます。

【工事計画認可を受けた3号機の主な安全性向上対策の設備】

冷却機能の強化 恒設代替低圧注水ポンプ
恒設代替低圧注水ポンプ

電源の強化 空冷式非常用発電装置
空冷式非常用発電装置

自然災害への備え 左:水密扉 右:竜巻防護対策

格納容器の水素爆発防止対策 左:静的触媒式水素再結合装置 右:水素燃焼装置(イグナイタ)

高浜3号機の使用前検査が開始されました

使用前検査受検の様子
使用前検査受検の様子

 当社は、高浜3号機の工事計画認可を受け、8月5日、3号機の使用前検査を受検するための申請書を原子力規制委員会に提出し、8月17日より使用前検査が開始されました。
 使用前検査は、原子力規制庁の原子力施設検査官に、立会確認や記録確認等を行っていただき、工事計画認可どおりに設備が設置されていることをご確認いただくものです。
 当社は、今後、原子力規制庁の使用前検査に対して、真摯かつ丁寧に対応し、高浜3号機の安全性の確認に万全を期してまいります。

高浜3・4号機の新規制基準適合性審査等の状況についてご説明します

 高浜3・4号機については、平成25年7月8日に、新規制基準に適合していることを審査していただくための申請を行いました。安全性向上対策の多重性・多様性の拡充や、地震・津波などの様々な自然災害に備えた対応の強化など、対策をより充実させて、本年2月12日に、原子炉設置変更許可、8月4日に、高浜3号機の工事計画認可を原子力規制委員会からいただきました。
 今後、高浜4号機の工事計画認可申請の補正書および高浜3・4号機の保安規定変更認可申請の補正書について、準備が整い次第、原子力規制委員会に提出します。
 こうした再稼動に向けての必要な手続きを着実に進め、更なる安全性向上対策をしっかりと実施してまいります。

新規制基準適合性に係る審査のスケジュール 図

高浜3・4号機運転差止仮処分命令への対応についてご説明します

 4月14日、福井地方裁判所において、高浜3・4号機の運転差止めを求める仮処分命令申立てが認められました。
 当社としては、これまでの主張が裁判所にご理解いただけなかったことについて、誠に遺憾であり、到底承服できないことから、4月17日、福井地方裁判所に対し、不服申立てを行いました。
 これを受け、5月20日に第1回目の異議審が行われ、当社は、高度の科学的、専門的技術知見を踏まえて、客観的に審理判断することを求めました。
 今後、第2回異議審が9月3日、第3回異議審が10月8日に予定されており、引き続き、早期に仮処分命令を取り消していただくよう、高浜3・4号機の安全性の主張・立証に全力を尽くしてまいります。

発電所の若手社員が講師に!夏休み恒例の学習指導

熱心に講師に質問する生徒たち
熱心に講師に質問する生徒たち

 7月30日、31日に瑞祥苑において、原子力平和利用協議会高浜支部主催の「サマースクールインたかはま」が開催されました。
 当日は、発電所の若手社員を講師として派遣し、高浜中学校3年生に数学や理科の問題の解き方や受験勉強の方法などをアドバイスしました。
 参加した生徒からは、「丁寧に教えてもらえた」「わからなかった問題が解けた」などの喜びの声が聞かれました。

所員紹介コーナー

第二発電室  
大津 咲(おおつ さき)さん 平成27年入社
第二発電室
大津 咲(おおつ さき)さん
平成27年入社

【自己紹介】
 今年入社した大津です。私は、3交替の当直勤務をしています。現在は、発電実習中で、先輩方から指導を受けながら、原子力発電所の系統や設備、機器の配置などを学んでいます。

【サマースクールに参加しての感想】
 講師という貴重な経験をさせていただき、大変、有意義でした。中学生のみなさんが熱心に学習に取り組む姿を見て、とても励みになりました。私も、現場で多くの知識を吸収し、地域のみなさんに頼られる発電所員になれるよう頑張ります。

「来てミナーレ内浦2015」開催!発電所ブースも大盛況!

体験コーナーの様子
体験コーナーの様子

 8月22日、ヒロセオートキャンプ場にて「来てミナーレ内浦2015」が開催され、釣りぼり天国や木工&竹細工コーナーなど、色々な催しが行われました。
 今年は、"若狭たかはま漁火想"と連携し、それぞれの会場を連絡船で結び、たくさんのお客さまが会場を訪れていました。
 発電所からは、スーパーボール作り・手作りうちわの工作教室や、バルーンアートのブースを出展し、大盛況となりました。

「安全の誓い」の日~美浜3号機事故から11年~

 当社は、平成16年の美浜3号機事故から11年目の「安全の誓い」の日の取組みを行いました。
 当日は、全所員が「安全の誓い」の碑文を唱和し、事故発生時刻には一斉に黙祷を捧げ、安全最優先の決意を新たにしました。
 私たち一人ひとりが、事故の反省と教訓を決して風化させることなく、しっかりと胸に刻み、全ての事業活動において、安全を最優先に、業務を確実に遂行し、安全の実績を一つ一つ積み重ねていくべく、全力を尽くしていきます。

「安全の誓い」の碑文を唱和
「安全の誓い」の碑文を唱和

全所員で一斉に黙祷
全所員で一斉に黙祷

「安全の誓いの日」とは・・・
 当社は、平成16年8月9日、美浜3号機において、5名もの方が尊いお命を亡くされ、6名の方が重傷を負われるという、大変な事故を発生させてしまいました。当社では、「二度とこのような事故を起こしてはならない」という決意を毎年、新たにしていくため、8月9日を「安全の誓い」の日と定めています。

企業情報