事業所・関連施設

美浜発電所だより

2017 vol.89 美浜発電所だより
平成29年5月10日発行

美浜発電所1、2号機 廃止措置計画について認可をいただきました

 当社は、平成29年4月19日に、原子力規制委員会より、美浜発電所1、2号機の廃止措置計画について、認可をいただきました。
 これは、昨年2月に申請していた、美浜発電所1、2号機の廃止措置に係る基本方針や工程、工事内容、安全対策等の計画について、規則で定められている基準に適合していると認められたものです。
 当日は、認可を受けた廃止措置計画の内容、ならびに廃止措置に係るこれまでの取組み状況等について福井県、美浜町へご報告させていただきました。
 今後は、廃止措置の実施にあたり、認可を受けた計画に基づき、安全を最優先に取り組んでまいります。

戸嶋美浜町副町長(右)に報告する宮越美浜発電所長(左奥)
戸嶋美浜町副町長(右)に報告する宮越美浜発電所長(左奥)

廃止措置計画の基本方針
  • ○安全の確保を最優先に、放射線被ばく線量および放射性廃棄物発生量の低減に努め、保安のために必要な機能を維持管理しつつ着実に進めます。
  • ○周辺の公衆および放射線業務従事者の放射線被ばくを低減するよう、廃棄物処理に必要な設備の機能を維持しつつ、効果的な除染技術、遠隔装置の活用等を講じた解体撤去の手順および工法を策定し実施します。
  • ○廃止措置の全体工程(約30年間)を4段階に区分し、段階的に進めます。

美浜発電所1、2号機廃止措置計画の内容について

廃止措置の工程

 廃止措置は、大きく4段階に分け約30年かけて実施します。廃止措置工事の実施については、廃止措置計画に基づき、必要な対策等を講じ、廃止措置に必要な設備・施設の維持管理を行いながら、安全最優先で進めていきます。

廃止措置の全体工程(約30年)イメージ
廃止措置の全体工程(約30年)イメージ

当面3年間の廃止措置工事の工程

  • ○機器解体時の被ばく低減を図るため、速やかに系統除染工事に着手します。
  • ○2017年度は、系統除染工事に続き、残存放射能調査、タービン建屋内機器の解体を実施します。
当面3年間の廃止措置工事の工程
  • (※1)機器などを解体する前に機器内面に付着した放射性物質を化学薬品を用いて除去
  • (※2)金属およびコンクリートの試料を分析し、放射能測定等によって施設内の汚染状況を正確に把握

燃料および放射性廃棄物の管理
燃料の搬出について
  • 使用済燃料・・・・・・使用済燃料は、国の政策に基づき、再び燃料として使えるようにするため、再処理工場に搬出することとしております。
    美浜発電所1、2号機の使用済燃料については、2035年度までに、青森県の再処理工場又は福井県外の中間貯蔵施設等へ搬出する計画です。
  • 新燃料・・・・・・・・未使用の新燃料は、2021年度までに、燃料加工施設へ搬出する計画です。
  • 使用済燃料および新燃料を搬出するまでの期間は、発電所の燃料貯蔵設備で安全に管理貯蔵します。

六カ所再処理工場 中間貯蔵施設(イメージ)

廃棄物の処理方法について

放射性固体廃棄物・・・放射能レベルに応じて、廃止措置の終了までに廃棄施設に廃棄します。また、放射性物質として取り扱う必要のないもの(クリアランス)は、所定の手続きおよび国の確認を経て、可能な限り再生利用します。

放射性固体廃棄物

放射性気体廃棄物および放射性液体廃棄物
・・・適切に処理を行い、運転中と同様に環境モニタリング下で放出します。
廃止措置に係る地元企業の発展・雇用促進策~これまでの取組み~

廃止措置に係る地元企業の発展・雇用促進策~これまでの取組み~

今後も地元企業の発展・雇用促進に努めてまいります。

美浜町原子力懇談会を開催しました

 平成29年2月20日、町内の各種団体の方々と当社社長をはじめとする役員が意見交換をする「美浜町原子力懇談会」を原子力事業本部にて開催しました。
 ご出席いただいた皆さまからは、再稼動や新増設、地域振興に対するご要望、安全対策工事の安全性や長期停止による技術伝承、高浜発電所2号機クレーン倒壊についてのご意見等をいただきました。
 今後も、地域の皆さまからのご意見を賜りながら、原子力発電のたゆまぬ安全性向上に取り組んでまいります。

美浜町原子力懇談会の様子
美浜町原子力懇談会の様子

高浜発電所2号機クレーン倒壊に伴う美浜発電所の取組みについて

 当社は、平成29年1月20日、高浜発電所2号機において、大型クレーンが倒壊するという重大な事故を発生させてしまいました。皆さまに多大なご心配とご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
 美浜発電所においても、実施している全ての工事を対象に、「安全管理の総点検」を実施し、抽出した改善点について措置を行っております。
 当社は、二度と同様の事故を発生させないよう、協力会社と一体となり、今回取りまとめた再発防止対策を確実に実施し、安全最優先を徹底してまいります。

美浜原子力PRセンターからのお知らせ【回廊展】

写真展 「その目の、その先」

  • 時 期:平成29年5月21日(日)から6月18日(日)まで
  • 代表者:山田 脩太さま
  • 内 容:嶺南に住む20代の写真愛好家7名による、共同作品展です。風景や人物などを被写体に、約60点の作品を展示します。

写真展「その目の、その先」

企業情報