事業所・関連施設

美浜発電所だより

2014 vol.77
平成26年3月29日発行
美浜発電所だより

梅の花(PRセンターにて)
梅の花(PRセンターにて)

 寒い冬も終わりを告げようとし、暖かな春が目の前にきています。町内も少しずつ春模様に変化していますので、天気が良い日には散策してみられてはいかがでしょうか。


監督・出演者の皆さん(美浜町早瀬「瑞林寺」にて)
(c)2014映画「サクラサク」製作委員会
 監督・出演者の皆さん(美浜町早瀬「瑞林寺」にて)

 歌手さだまさしさん原作の映画「サクラサク」が4月5日より全国公開されます。
 美浜町早瀬「瑞林寺」が登場しますので是非ご覧ください!

 詳細は公式webサイトをご覧ください。
サクラサク 検索

美浜発電所敷地内破砕帯調査に関する審議状況について

 当社は、平成24年8月29日付で原子力安全・保安院より、美浜発電所敷地内破砕帯の追加調査をするよう指示を受け、美浜発電所敷地内外で調査および評価を行い、平成25年7月31日に最終報告書を原子力規制委員会へ提出しました。その後の審議状況についてご紹介します。

平成25年12月7日〜8日 美浜発電所現地調査【美浜発電所敷地内外】

 平成25年12月7日、8日に原子力規制委員会の有識者調査団による美浜発電所現地調査が行われました。当社は、敷地内の破砕帯が活断層ではないこと、白木−丹生断層と敷地内の破砕帯の地質構造上の関連性がないことを改めて調査団に説明しました。
 調査後、原子力規制委員会の島?委員長代理は「主な破砕帯は見ることができた。平成26年最初の評価会合を開くときに、どういうデ−タが揃うのか、それに対して有識者がどう評価するのか次第だと思う」と述べられました。

調査の概要 (1日目) 発電所敷地内の道路や斜面の地表を剥ぎ取った箇所で破砕帯を直接確認
  ボーリング調査で採取した試料等の調査
(2日目) 発電所敷地外で実施した剥ぎ取り調査や地形等の観察

左:敷地内での剥ぎ取り調査箇所を確認 中央:敷地内で実施したボーリング試料の確認
 右:敷地外で破砕帯が地表に現れている箇所の確認

平成26年1月15日 第1回有識者会合【原子力規制委員会 会議室】

 平成26年1月15日に原子力規制委員会による有識者会合が開かれ、美浜発電所敷地内破砕帯の活動性や敷地の東側に位置する白木−丹生断層との関連性について審議が行われました。
 審議の結果、現状ではデータが不足しているとして結論には至らず継続審議となりました。

今後の予定
 有識者会合でのご意見踏まえ、準備が整ったものから順次、追加調査(※)を実施し、次回会合以降、原子力規制委員会へ説明予定です。
 ※平成26年2月18日 美浜発電所敷地内破砕帯の追加調査計画書を原子力規制委員会へ提出

【追加調査内容】
 調査位置等  主な調査内容
 丹生湾内  海上ボーリング
 ・堆積層の年代分析および基盤深度確認
 海底堆積物調査
 ・音波散乱層の原因確認
 敷地内  低地部のボーリング
 ・堆積層の年代分析および基盤深度確認
 反射法地震探査
 ・地質構造の確認

※調査は、準備が整ったものから、順次実施。

 【海上ボーリング調査の様子】
海上ボーリング調査の様子

上段:海底堆積物調査イメージ 下段:反射法地震探査の様子

今後も引き続き原子力規制委員会による審査会合等に真摯に対応してまいります。

NEXT

企業情報