環境レポート2016

(株)関電L&A

使用済み碍子の有効利用技術を開発

(株)関電L&Aでは、産業廃棄物リサイクルの一環として、使用済み碍子をリサイクルしています。従来、破砕した碍子はエッジが鋭利であるため用途が限定的でしたが、当社と共同開発した研磨機によりエッジの除去が可能となり、現在、家庭用園芸石材としてご提供しています。この技術は2015年度「資源循環技術・システム表彰」において経済産業省産業技術環境局長賞を受賞しました。さらに、同社は近畿大学と共同で、碍子粉をアスファルト舗装に混ぜることで、一般的な舗装材より夏場の道路表面温度が低下する効果を確認。ヒートアイランド対策として環境保全への貢献が期待されており、東京オリンピックでのマラソンコースでの採用を働きかけています。

碍子くずリサイクルのようす

※電線を支持し絶縁するため、電柱や鉄塔に取り付ける器具。陶磁器製や合成樹脂製のものが多い。

環境