環境レポート2017

環境会計(関西電力)

当社は、事業活動における環境保全のコストとその活動により得られた効果を明確にするため、当社単独の環境会計とグループ会社環境会計を導入し、これを公表しています。

2016年度の評価

環境保全コスト

環境保全コストについて、投資は約120億円となり、前年度に比べて約30億円減少しました。費用は、PCB処理費用等の減少により約200億円となり、前年度に比べて約20億円減少しました。

環境保全コスト(億円)
分類 投資 費用 主な項目
2015
年度
2016
年度
2015
年度
2016
年度
1.地球環境保全コスト
(CO2削減対策など)
13.3 8.5 2.2 1.9 SF6ガス回収
2.地域環境保全コスト
134.0 109.0 49.6 46.8  
(1)環境影響測定・監視 0.9 1.9 9.6 11.4 放射線測定管理、
大気環境濃度測定、
海洋海域調査
(2)公害防止(大気汚染・水質汚濁
防止、漏油対策など)
133.1 106.8 32.5 27.6 大気汚染防止対策、水質汚濁防止対策
(3)自然保護 0.0 0.0 7.5 7.8 緑化対策
3.循環型社会構築コスト 3.7 3.4 155.5 140.5  
(1)産業廃棄物処理・リサイクル 3.7 3.3 80.0 65.7 産業廃棄物処理、PCB処理
(2)一般廃棄物処理・リサイクル 0.0 0.0 0.1 0.1 古紙リサイクル
(3)放射性廃棄物処理 0.0 0.0 75.4 74.7 低レベル放射性廃棄物処理
(4)グリーン購入 0.0 0.1 0.0 0.0 調査関係
4.環境管理コスト 0.0 0.0 1.3 1.1 環境報告書
5.研究開発コスト 0.0 0.2 4.8 4.3 負荷平準化、環境保全、省エネ・リサイクル、自然エネルギー
6.その他のコスト 0.4 0.0 0.3 0.2 研究所修繕
151.4 120.7 213.7 194.9  
当該期間の設備投資の総額 2,541 2,324  
当該期間の営業費用 26,597 24,499  

(注)「環境会計ガイドライン2005年度版」(環境省)を参考にしています。費用には減価償却費は計上していません。複合コストについては、1.差額集計2.合理的基準による按分集計3.簡便な基準による按分集計のいずれかの方法により計上しています。原子力発電に係るコストについては、環境保全の個別対策の全額が環境保全コストと認められるもの(放射線管理・測定、低レベル放射性廃棄物処理など)を計上しています。端数処理により合計が合わないことがあります。

環境