関西電力グループのリサイクル技術 関西電力は、当社グループ一体となって、事業活動から発生する廃棄物のリサイクルを進めています。産業廃棄物については、「リサイクル率99.5%以上」という高い目標を掲げて取り組んでいます。関西電力グループのリサイクル技術

舞鶴発電所から排出される石炭灰は、セメント原料や道路の路盤材へリサイクルされています。
石炭灰のうち、フライアッシュと呼ばれる微細な球形粒子状のものをコンクリートに混ぜることで強度が増します。当社グループの(株)関電パワーテックでは、このフライアッシュを石炭灰から選別・販売しており、主にコンクリート混和材として有効利用しており、橋などの土木・建築工事の材料に使われています。

フライアッシュ

(主な活用事例)

明石海峡大橋
明石海峡大橋

レインボーブリッジ
レインボーブリッジ

関連リンク
環境