学ぼう!地球とエネルギー~守ろうこの惑星(ほし)と生命(いのち)~

このサイトでは、レイアウト設定のため、スタイルシートとJavascriptを使用しております。ご覧のブラウザは、スタイルシートに未対応のため、本来のレイアウトとは異なって表示されます。あらかじめご了承ください。

オープニング 太陽系(たいようけい)第3惑星(わくせい)

いまから約46億年前、わたしたちの銀河系で超新星(ちょうしんせい)のばく発がありました。そのばく発のショックで宇宙(うちゅう)のガスやチリが集まり、太陽が生まれました。太陽にならなかったガスやチリは、直径10kmくらいのたくさんの小さな惑星になり、やがて集まって大きな惑星になっていきました。わたしたちが住む地球は、そのようにして誕生(たんじょう)した惑星のひとつで、「太陽系第3惑星」とよばれています。
太陽はぼう大なエネルギーを出しています。地球は太陽のエネルギーを受けて、現在のような環境(かんきょう)となり、生命が誕生しました。そのころにわたしたちがいま使っているエネルギーのもとがつくられました。
わたしたちのくらしや社会を支えてくれるエネルギーってなんだろう? わたしたちが使うエネルギーにはどんな問題があるのだろう? 今回はそんなことをいっしょに考えてみたいと思います。

  • つぎへ
関連リンク
環境