CO2を減らす CO2の増加は地球温暖化の主な原因の1つと言われています。関西電力は、お客さまへCO2の少ない電気をお届けするために、電気をつくるときのCO2の削減(電気の低炭素化)に取り組んでいます。CO2を減らす

当社では、コンバインドサイクル発電という高効率の発電方式を採用して、火力発電の効率を高め、燃料の消費量やCO2の削減に取り組んでいます。これからも、燃料を大切に使って、CO2の削減に貢献していきます。

世界最高水準の熱効率

当社は、堺港発電所や姫路第一・第二発電所において、コンバインドサイクル発電方式を採用しています。
姫路第二発電所では、熱効率が従来の約42%から約60%へ向上し、世界最高水準となっています。
燃料を節約でき、発電電力量1kWhあたりのCO2排出量を約30%削減しています。

姫路第二発電所

姫路第二発電所

コンバインドサイクル発電とは

コンバインドサイクルとは、天然ガスを燃やしてガスタービンを回し、さらにガスタービンからの排熱を再利用して蒸気タービンも回す、環境にやさしい発電方式です。

コンバインドサイクル発電方式(姫路第二発電所)

関連リンク
環境