自然と共生する世界 関西電力グループの生物多様性(せいぶつたようせい)への取組み自然と共生する世界 関西電力グループの生物多様性(せいぶつたようせい)への取組み

このサイトでは、レイアウト設定のため、スタイルシートとJavascriptを使用しております。ご覧のブラウザは、スタイルシートに未対応のため、本来のレイアウトとは異なって表示されます。あらかじめご了承ください。

道ばたや公園、空き地などで、いろんな植物が見られるよね。葉っぱも花も、種類によって、色や形はさまざま。
春から夏にかけて、公園や道ばたでよく見かける植物をさがして、花を観察してみよう。

花って、なんのために咲(さ)くの?

大昔、今の植物の祖先には、花はなかったといわれているんだ。
進化のなかで、花を咲かすようになったんだよ。花の役目は「種(たね)」をつくり、子どもをふやすこと。そのためには、おしべの「花ふん」を運んでくれるこん虫たちを呼ぶ必要があるんだ。だから、花はこん虫たちが集まってきそうな目立つ色をしてさいているんだ。

関連リンク
環境