近況の活動報告

2016年6月30日

熱心に説明を聞く東大阪市立縄手南小学校のみなさん

みなさま、こんばんは!
大阪南支社 東大阪総務グループで広報・地域共生の仕事をしている弓張(ゆみはり)です。
このたび、環境月間の取組みの一環として、東大阪市立縄手南小学校にお伺いし、子どもたちと一緒に「ゴーヤの苗」を植えつけました。

ゴーヤやヘチマといったツル植物の葉っぱを、ネットに絡ませると「グリーンカーテン」をつくることができます。
グリーンカーテンは、CO2の吸収だけではなく、カーテンのように日射をさえぎり室温の上昇を抑えたり、植物の蒸散作用によって周囲を冷やす効果も期待できるなど、地球温暖化の防止や省エネに役立ちます。

当日は、梅雨の間の貴重な晴れ間の中、子どもたちや先生と一緒に「ゴーヤの苗」を植えつけました。
子どもたちからは「ゴーヤの苗を固定するのが難しかったけど、すごく楽しかった」と、参加いただいた先生からは「大きな実が成るよう、子どもたちと一緒に頑張って育てます」と、それぞれ感想をいただきました。

私たちはこれからも緑を増やし省エネにもつながる活動を積極的に続けてまいります!

 

 

関西電力公式 facebookページ

CSR