近況の活動報告

2016年6月10日

新緑にたたずむ大井ダムと大井発電所

このたび、東海支社今渡総務グループでは、JR東海さま主催のウォーキングイベント「さわやかウォーキング」へ協力し、コースに設定された大井ダムで案内や解説を行いました。

岐阜県恵那市と中津川市の境に位置する大井ダムは、1924年、木曽川の電源開発を手掛けた“電力王”福沢桃介によりつくられました。
このイベント内で大井ダムの案内を行うのは今回がはじめての試みであり、これを楽しみに県外からお越しくださった方もたくさんいらっしゃいました。

ウォーキングは、恵那駅を出発し大井ダムや東雲大橋などを巡る約10kmのコースで、1,200名を越える参加者のみなさまが初夏を思わす日差しの中、汗を流しました。
ダムを見学された方からは「ダムから眺める新緑の景色が美しかった」「歴史あるダムの説明を聞くことができてよかった」といった感想をいただきました。

これからも引き続き、安全・安定供給はもちろんのこと、地域のみなさまに親しんでいただけるダムや発電所の運営を目指してまいります。

ダムからの眺望を楽しむ参加者のみなさまダムからの眺望を楽しむ参加者のみなさま

 

関西電力公式 facebookページ

CSR