近況の活動報告

2016年5月22日

京都で最も古くから続いているといわれる「葵祭」

京都ではなんと年間300を超えるお祭が行われています。
その中でも最も古くから続いているといわれる葵祭(あおいまつり)が5月15日(日)に行われました。
葵祭は祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つであり、わが国のお祭のうち最も優雅で古趣に富んだお祭と称されます。

そんな伝統あるお祭を盛り上げたいとの想いから、平成15年から当社も毎年参加しており、今年は18名がボランティアとして参加しました。
参加者らは、平安時代の衣装を身にまとい、晴天の下、京都御所から下鴨神社、上賀茂神社までの約8キロメートルを巡行し、京都のまちを華やかに彩りました。

参加者は「多くの方が楽しみにされている伝統あるお祭に参加でき、非常にいい経験になった。今後も地域の活性化に携わっていきたい」と話していました。

当社は、地域に根ざした企業として引き続き、みなさまのお役に立ちたいという想いで、様々な活動に取り組んでまいります!

平安時代の衣装を身にまとう参加者多くの観光客に見守られながら京都のまちを進む様子伝統ある葵祭に臨む表情は真剣そのもの

 

関西電力公式 facebookページ

CSR