近況の活動報告

2016年2月3日

お茶屋や飲食店がたち並ぶ先斗町通り

みなさま、こんばんは、京都電力部の三好です。
今日は節分の日ですね。
京都市東山区の八坂神社では、昨日と今日の2日間、節分祭が開催され、地元五花街による舞踊の奉納や、豆まきを楽しむ観光客のみなさまで賑わいを見せていました。

八坂神社周辺は京都の観光地の中でも人気が高く、いつも大勢の観光客で賑わっています。
その人気スポットの一つ、「先斗(ぽんと)町」。
先斗町の中心を貫く先斗町通りには、お茶屋や飲食店がたち並び、まさに京都風情を感じさせる街並みとなっています。

このたび、先斗町通りの情緒ある雰囲気を地域や観光客のみなさまにご満喫いただけるよう、京都市、国土交通省、当社が連携し、通りから電柱・電線をなくす「無電柱化」を決定しました。景観はもちろん、歩きやすくて安全な道路環境が期待されます。

先斗町のような道幅の狭い通りの無電柱化は全国的にも珍しく、技術的にも困難が伴いますが、地域のみなさまに協力いただきながら、風情ある景観を損わない電力機器の設置方法の検討や先斗町オリジナルの地上機器の開発などに試行錯誤しています。

「世界観光都市 連続No.1」を目指し、地域のみなさまや自治体とともに創意工夫しながら、引き続き安全最優先で先斗町通りの無電柱化を進めてまいります。

先斗町の現場調査を行う様子地中機器の実物大模型を用いて寸法を確認していきます八坂神社の節分祭の様子

 

関西電力公式 facebookページ

CSR