近況の活動報告

2015年11月25日

神戸支社 神戸総務グループの奥平です。

夏前に、神戸市立白川小学校5年生の三原鈴花さんが街中にある電柱にカーブミラーや看板がついていることに興味を持ち、「電柱・電線について調べよう!!」と問い合わせてくれました。

鈴花さんは、夏休みの社会科自由研究レポート作成のため、分からない点を聞きに事業所まで足を運んでくれて、電柱・電線だけでなく、「電気」全般について、いろんな疑問を持ち、質問をしてくれました。
パンフレットなどを使った、マンツーマンでのいろいろな説明に熱心に耳を傾けてくれました。

先日、出来上がった作品3点と手紙を添えて、私の元へ送ってくれました。
その作品は、学校の代表として、神戸市小学校社会科作品展に出品されたそうです。
鈴花さんは、「電柱について、良くわかったし、発電のことや電気の流れも勉強することができてよかった」と話してくれました。
未来を担う次世代層に電気について身近に感じてもらい、学んでいただくお手伝いをこれからも続けていきたいと思います。

  

 

関西電力公式 facebookページ

CSR