CSR行動原則~6つのaction~

地域の活性化に向けた取組み

お客さまや社会のみなさまからのエネルギーに関するニーズが多様化するなか、当社はこうしたニーズにしっかりと耳を傾け、地域のみなさまの良きパートナーとして、「共に考え、共に未来を創る」という思いを持ちながら、地域活性化と持続的発展に向けた取組みを進めています。

スマートコミュニティ構想などの実現に向けて

「バーチャルパワープラント構築実証事業」のイメージ 構想が実現した地域創造活動の累計件数(2018年6月末時点) 5件

当社は、再生可能エネルギーや未利用エネルギー、水素など、地域の資源や特性を最大限活用し、家庭やオフィス、工場などをICTでつなぐことで、地域全体のエネルギー需給を最適化するスマートコミュニティの実現に向け、総合エネルギー事業者としての豊富な知見・ノウハウを活用し、その地域の課題・ニーズに応じた多様な提案を進めています。関西地域ではもちろんのこと、神奈川県横浜市をはじめとする関西以外の地域へも、その活動領域を広げています。
 さらに、バーチャルパワープラント実証を進めており、次世代技術への対応、さまざまなステークホルダーとの連携を通じて、エネルギー利用の新たなビジネスモデル構築に向けて取り組んでいます。

大阪都心部のまちづくり活動

当社は、大阪都心部などのまちづくりに、ハードとソフトの両面から貢献しています。その一つが、当社本店がある大阪・中之島での活動です。
 この中之島のさらなる発展、活性化をめざす「中之島まちみらい協議会」では、当社が事務局を務め、地区内の地権者企業など28社(2018年6月末時点)と共に、「中之島まちづくり構想」の実現に向けて取り組んでいます。災害に強い安全・安心なまちづくりをめざし災害行動マニュアルの策定や防災講演会など、地域の防災性を高める活動に取り組んでいます。また、2025 年大阪での万博開催に向け、本社ビル頂上部を万博誘致ロゴマークの5色で点灯する等、地域一体での機運醸成に努めるなど、誘致活動にも積極的に取り組み、地域社会の発展に貢献しています。

企業立地支援活動

地域の持続的発展をめざして、当社では自治体や関係各所と連携し、関西地域への企業立地支援活動をおこなっています。新たな立地拠点を探しておられる全国の企業に対して、地域情報誌『Community Information』を通じた関西の産業用地や自治体の優遇制度のご紹介、企業訪問による提案活動を実施し、関西地域の発展につながるように努めています。

地域創造活動に関する取組み事例

その他、以下のコンテンツを電子ブックでは掲載していますので、こちらもご覧ください。

  • 地域社会の発展に向けた積極的な貢献
CSR