CSRに対する考え方

当社の購買部門は、設備の最適な形成・維持・運用のために、環境に配慮しつつ、安全・品質・価格面で優れた資機材・サービスを適切な時期に調達しています。このような調達活動は大切なパートナーである取引先のみなさまによって支えられており、相互に信頼関係の醸成に努めることはもちろん、透明性の高い開かれた取引やコンプライアンスの徹底など調達活動を通じたCSR(企業の社会的責任)を推進していきたいと考えています。
そのため、当社は以下の5項目からなる「調達活動の行動基準」を制定し、その基準に基づき調達活動を実践するとともに、契約交渉時あるいは現場実態調査に伴う工場訪問などの機会をとらえて、取引先に対しCSR調達方針の説明、浸透に努める活動に取り組んでいます。

1.安全の最優先、品質・技術力の維持・向上

安全を最優先に考え、設備の最適な形成や維持、運用のための、品質・技術力の維持・向上に資する取組みや対策を講じていきます。

2.環境への配慮

環境負荷が少ない資機材およびオフィス用品の調達(グリーン調達)を推進し、取引先のみなさまと協働して循環型社会の構築に貢献します。

3.強固なパートナーシップの確立

取引先とサプライチェーンに対して協働して改善に取組むことで、取引先のみなさまとの強い信頼関係を構築し、お互いに成長・発展をめざします。

4.透明性の高い開かれた取引

安全・品質・価格面で優れた資機材やサービスを適切な時期に調達するため、国の内外を問わず、広く門戸を開いています。また、取引先の選定にあたっては、安全性、品質・技術力、環境への配慮、価格、納工期の確実性、保守・管理の実施状況などに基づき、経済的合理性を追求し社会的合理性にも配慮しながら公平・公正におこないます。

5.コンプライアンスの徹底

全ての関係法令およびそれらの精神を遵守し、特に、安全に関する関係法令の遵守、人権尊重(児童労働・強制労働の禁止など)、個人・秘密情報の厳正な管理に充分配慮します。また、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体の活動を助長するような行為はおこないません。

CSR