CSRに対する考え方

1.安全の最優先

  • 安全最優先の意識の徹底
  • 盤石な安全管理(公衆保安・衛生の確保、労働災害・労働疾病の防止等)とそのための社内管理体制・教育体系の充実

2.コスト低減への努力

  • 市場競争力のある価格での資機材・サービスの提供
  • 安全性、品質・技術力の確保を前提としたコスト低減への努力

3.品質・技術力の確保された良好な製品・サービスの提供

  • 製品・サービスの安全・品質の確保
  • 品質・技術力の維持・向上に資する取組み・対策の実施と、技術伝承・研究体制の充実
  • 納工期の遵守
  • 保守・管理の的確な実施
  • 品質管理の徹底
  • アフターサービスの充実
  • 事故・不具合への迅速かつ真摯な対応

4.強固なパートナーシップの確立

  • 調達サプライチェーン改善への協力
  • 当社の調達活動全般に関する積極的な提言

5.環境への配慮

  • 環境負荷の少ない資機材およびオフィス用品の調達(グリーン調達)の推進
  • 3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進

6.人権の尊重と労働環境の整備

  • 差別や非人道的取扱(児童労働や強制労働等)の禁止
  • 労働者の権利の尊重(結社の自由・団体交渉権、適切な賃金の支払等)

7.透明性の高い開かれた取引

  • 競争制限的行為の禁止
  • 正確な製品・サービス情報の提供

8.コンプライアンスの徹底

  • 全ての関係法令およびそれらの精神の遵守、教育の実施
  • 特に安全・人権・環境に関する関係法令・国際基準の遵守
  • 個人・秘密情報・知的財産の厳正な管理・保護
  • 不正の防止、撤廃
  • 社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体の活動を助長する行為の防止

9.CSR活動に対する積極的な実践

  • CSR活動方針の策定
  • CSR活動に対するマネジメントの実施
CSR