CSRに対する考え方

みなさまに選ばれ続ける企業グループをめざしてまいります。

 みなさまには、常日頃、格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 現在、当社グループでは、「関西電力グループ中期経営計画(2016-2018)」の3本柱となる『総合エネルギー事業の競争力強化』『新たな成長の柱の確立』『グループ基盤の強化』を踏まえたさまざまな施策に、「挑む。」の決意のもと、グループ一丸となって、精力的に取り組んでいるところです。
 計画初年度の2016年度は、原子力プラントの再稼動がないなかで、電力の小売全面自由化が開始され、他電力や異業種との競争が激化するなど、厳しい状況が続きました。
 そうしたなかでも、総合エネルギー事業をはじめ計画に掲げた取組みを着実に推進し、2期連続の黒字となるなど、目標の達成に向けて順調に進捗することができました。
 これも、ひとえにみなさまのご支援の賜物であり、重ねて心から御礼を申し上げます。
 2017年度に入り、ガスの小売全面自由化がスタートしたことで、エネルギー事業をめぐる競争が一層本格化するなど、エネルギー新時代における当社グループを取り巻く経営環境は、さらに大きな変化を迎えています。
 しかしながら、当社グループが、これまでの長きに亘り事業を続けてこられたのは、ひとえに、お客さまや社会のみなさまから賜るご信頼のおかげであり、本格競争時代においても、このご信頼こそが事業の基盤であり、貴重な財産であることに変わりはないと考えています。
 こうした認識のもと、グループの一人ひとりが、「まごころと熱意を込めたサービスで、お客さまや社会の『力』になりたい」との想いを胸に刻み、みなさまのお声やお気持ちにしっかりと寄り添いながら、一つひとつ努力を積み重ねることで、みなさまに選ばれ続ける企業グループをめざしてまいります。

 当社グループは、これからも、「安全最優先」「社会的責任の全う」を基軸とした経営を実践するとともに、中期経営計画を着実に推進していくことで、「お客さまと社会のお役に立つ」との「変わらぬ使命のために変わり続ける」という責務を果たし、社会の持続的な発展と明るく豊かな未来の実現に貢献できるよう、全力を尽くしてまいります。

 みなさまには、今後とも、変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2017年7月

CSRコンダクトカード〈社長の行動宣言〉
CSRコンダクトカード
〈社長の行動宣言〉

CSR